愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

18 August

オープンかクローズか

 

駐車場はオープンかクローズか?

 

道路に対してオープンな外構

 

駐車場やアプローチが北道路という同じ条件の敷地でも外構の造り方は様々なパターンがあります。

 

今回のブログでは典型的な2つのパターンを紹介します。

 

まずはオープンな外構パターン。

 

道路側にはフェンスや門が駐車場のゲートなどの構造物はありません。

 

そうした構築物がないので人や車はスムーズに敷地内にアクセスできます。

 

見透しもよく死角がないので防犯上もよいと言えるでしょう。

 

最近はこうしたオープンな外構が増えてきました。

 

一方クローズな外構。

 

道路に対してクローズな外構

 

道路側にフェンスや門扉、そして駐車場のゲートが並んでいます。

 

こうした構築物で道路側と敷地が境界線上で明確に分かれているクローズな外構となっています。

 

クローズではありますが、見透しが効くようなフェンスやゲートの仕様となっていて道路からの死角がないように配慮しています。

 

地域性や防犯意識などによっても外構のパターンは変わってきますね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:https/www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

8月24日(土)・25日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

 

「夏の発見×体感フェア」 https//www.daisei-kensetsu.co.jp/index.html

17 August

縁側やテラス

 

縁側やテラスで寛ぐ

 

縁台を設けて寛げるスペースに。

 

お盆が過ぎると残暑があるものの、だんだん朝晩は過ごしやすくなってくるものです(今年はまだまだ暑さに油断できませんが・・)。

 

日中は外で過ごすことには注意が必要ですが、夕涼みなどはできそうですね。

 

昔の民家では縁側や縁台のある家が多くありました。

 

昭和のドラマや映画などでも縁側に座ってスイカを食べたり、縁台将棋をしたりというシーンをよく見ます。

 

また縁台に座って水を張った桶に足を入れて涼むという場面もありましたね。

 

時にはご近所さんとの語らいの場にもなります。当社のショールームではそうした縁台を設けて休憩や語らいの場として使ってもらっています。

 

時折お散歩の途中のお年寄りが座ってお話しをしている姿を見かけます。

 

ほのぼのとした光景です。

 

また外部の寛ぎの場としてはテラスもあります。

 

テラスを設けてアフタヌーンティーなどいかが?

 

最近では大きめのウッドデッキなどを設けてお子さんの遊び場とするケースがあります。

 

囲われたテラスではガーデンチェアやパラソルを出してお茶などをするにもいいですね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:https/www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

8月24日(土)・25日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

 

「夏の発見×体感フェア」 https//www.daisei-kensetsu.co.jp/index.html

16 August

ペットと暮らす

 

ペットと暮らす家の工夫

 

ペットと暮らす家の設計も多くなってきました。

 

ネコ派、イヌ派、どちらも飼っている家。

 

それ以外のペットを飼っている家。

 

様々なケースがあります。

 

その中でネコちゃんと暮らす家は他のペット以上に建築的な工夫をすることが多いようです。

 

ネコちゃんのために吹抜けにキャットウォークを設けたお宅。

 

例えば内装の素材。爪を研いだりするのでクロスの壁ですとすぐに傷が付いてしまいます。

 

そこである高さまで板材を張るとか爪とぎ用の柱などを設けることもあります。

 

また身軽であちこち飛び回ることが多いので、キャットウォークを設けることもあります。

 

写真は吹抜けの壁に設けた例です。2階の手すりの上部から階段状にステップを設けて上の小さな開口に入っていく。

 

飛び回ることが好きなネコちゃんには何よりの遊び場となります。

 

また別のお宅の例ですが、中二階に設けた書庫や収納庫が遊び場になってるケースもあります。

 

中二階の収納スペースもネコちゃんの遊び場となります。

 

階段室に面しているので1階と2階にも自由に行き来できます。

 

これで運動量が十分確保できてストレスも溜まらないでしょう。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:https/www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

8月24日(土)・25日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

 

「夏の発見×体感フェア」 https//www.daisei-kensetsu.co.jp/index.html

15 August

素材感

 

外観や内観の素材感

 

コテ跡の残る外壁と相性のいい無垢の手すり材。

 

内外で使う建築の材料はいろいろな種類があります。

 

外観では壁や屋根の素材はセメント系、窯業系、木質系、金属系など多くの素材を単独かあるいは複数組み合わせて使います。

 

同じ系統の素材でも色を変えるとその印象も変わってきます。

 

例えば写真のような組み合わせ。

 

壁の方はコテ跡が残るハンドメイド感のある仕上げになっています。

 

アクセントしてバルコニー部分を異素材で仕上げようと思い、そこで採用したのが無垢の木材の手すり。

 

ここに金属や木っぽいアルミの素材を持ってくると違和感があると思いこのような仕様になりました。

 

自然な風合いとコテ跡の外壁が合っています。

 

また別のお宅の例ですが、リビングの上部に吹抜けのある内観の様子です。

 

リビングから吹抜けを見上げると全体の統一感が取れています。

 

飾りの梁と木の手すり、そして天井に貼った羽目板の素材と色が見事に合っています。

 

さらにシーリングファンの羽根も全体の素材感やカラーを邪魔しないカラーとなっています。

 

外観、内観の例ともにやさしい雰囲気になって納まっています。

 

自然素材の事例はこのような素材感とカラーリングの建物が多いですね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:https/www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

8月24日(土)・25日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

 

「夏の発見×体感フェア」 https//www.daisei-kensetsu.co.jp/index.html

14 August

半階プラス

 

半階の空間をプラス

 

リビングの上に半階分の吹抜けを設けました。

 

狭小地や部屋数を多く確保する必要がある場合には2階建てでは条件を満たすことができない場合もあります。

 

そうした時には3階建てで対応することになります。

 

一方でそうした条件が無い場合で、収納を増やしたり、部屋の解放感を高めたりしたいとのご要望で時々設計するのが2階建てに半階をプラスする住宅です。

 

当社では「2.5階建ての家」と言っています。

 

1階と2階の間に挟んだ半階の空間の用途の一つは収納です。

 

半階分なので天井高さは低いですが、平面的にはかなり広い空間を収納にすることができるのでとても重宝します。

 

座って作業もできるので書斎や趣味のスペースにもなります。

 

もう一つはリビングなどの上に半階の空間を乗せて吹抜け風にするケース。

 

半階の吹抜けでも解放感は十分に感じられます。

 

一般的な2階建ての吹抜け空間は2層分の高さがあってそれはそれで解放感がありますが、半階の吹抜けでもかなり空間の拡がりを感じる事ができます。

 

一階の窓を閉めてシャッターを下ろしたりカーテンを掛けたりしても半階部分のまどからの光がもれてきて明るいままの空間となります。

 

建物の高さも3階建てよりは圧迫感が少なくなります。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:https/www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

8月24日(土)・25日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

「夏の発見×体感フェア」 https//www.daisei-kensetsu.co.jp/index.html

施工事例

ページトップ