愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

門をなくす

 

高低差で門を省く

 

道路と敷地に高低差のある住宅

 

外構で門構えのある家はそれほど多くありません。

 

門のない理由はいろいろありますが、その一つとしてハードな門や塀を作ると道路や外部からの死角が生じるのでセキュリティー上不利になるので、オープンにするということも上げられます。

 

また門や塀を設けるにはそれなりのスペースが必要となりますので、限られた敷地を有効に利用するという理由からオープンにすることもあります。

 

ただオープンなだけでは少し物足りない場合にはアプローチに工夫したりします。

 

道路から高低差のない敷地の場合にはアプローチのパターンを変えたりします。

 

一方で道路から高低差のある敷地ではいろいろな工夫ができる場合が多いです。

 

高低差があると玄関までのアプローチに工夫ができます。

 

高低差の無い場合には来客は玄関まで直接楽に行くことが出来ます。

 

高低差があれば、玄関までの引きと高低差で玄関廻りの雰囲気をつくることができます。

 

玄関までの高さがあるので目的を持った人でないと玄関の直近までいかないという心理的な安心感も生まれます。

 

また段差の途中でグリーンなどがあると雰囲気も一段と良くなります。

 

高低差だけでなく、グリーンを配して雰囲気づくりができます。

 

門構えが無くても十分家の顔となりうるのです。

 

高低差のある敷地はその対応でフラットな敷地よりコストがかかりますが、こうした雰囲気づくりができるのでいい点もあるのです。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

11月23日(土)・24日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

高基礎

 

高低差のある敷地の基礎

 

道路からかなりの高低差のある敷地の事例です。5Mもの高さを何段もあがって家に到達します。

 

写真のケースは建物が建つ敷地と道路の高低差が5Mもあるお宅で、設計とともに工事もとても難航しました。

 

道路から何段もの階段を上がるので、休憩や単調さを避けるための工夫も必要でした。

 

このような道路やアプローチ部分と建物の敷地の間に相当な段差のあるケースは稀ですが、多少の段差のあるケースは時々あります。

 

そんな場合はアプローチや建物の配置を考えればよいのでしょうか?

 

敷地にかなりの余裕のある場合は、緩やかなスロープで処理することも出来ますが、なかなかそうした恵まれた敷地は少ないです。

 

そこで「高基礎」という方法があります。

 

道路の高さに近い敷地、例えば駐車場などに接する建物の基礎を高低差分高くして、高い方の敷地に家を建てる。

 

駐車場側に高基礎を設けて段差を解消したお宅。

 

こうすることで高低差の解消ができます。

 

低い側から玄関までが高さがあるので、アプローチに工夫が必要になってきます。

 

こちらのお宅も少しですが道路から高低差があり、土留めを作って処理するよりも高基礎にすることで敷地を有効に利用できた例です。

 

多少の段差も基礎を高くして対応します。

 

高低差があまりなかったので、アプローチの階段の段数も通常よりそれほど増えなくてすみました。

 

その分、建物に合わせて、ネイビーにイエローの差し色でアクセントを付けました。

 

平屋ということもあり、周囲の建物とはちょっと違った印象でとても目立ちます。

 

外観が青空に映えますね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

高低差

 

敷地と道路の高低差

 

道路や駐車場から相当な高低差のある敷地

 

会社のある濃尾平野はとても広くて平坦な平野で土地も肥沃で耕作に適した場所です。

 

平坦な分、開発の際にも技術的な難易度が高くないので宅地開発も進んでいる地域です。

 

尾張西部はその大半が濃尾平野で占められているので平坦な土地がほとんどですが、尾張東部は丘陵地もあり、起伏に富んだ景観を形成しています。

 

丘陵地での宅地開発は技術的な難易度が高く、高低差のある敷地ではコストなどの点から土地購入をあきらめる方も多いです。

 

写真のお宅もそんな丘陵地にある景観のいい土地に建てられました。

 

敷地と道路の高低差は実に5M!!

 

建築前に土地を見に行ったのですが、上の敷地に上がるのがとても大変で、実際にロープが張ってあってそれがないと上れない状況でした。

 

まるで登山ですね!!

 

工事もなかなか大変でしたが、なんとか建物とそこに至るアプローチ階段を設けて住宅は完成しました。

 

手すりや花壇を設けた階段アプローチ

 

手すりを設けて上り下りの安全性を図ったり、単調さを解消するために花壇を設けたりと工夫しています。

 

ここまで造り込むと外構工事にも費用がかかりますが、とても工事の難易度が高い土地だったので土地代が周辺より抑えられていたので予算内に収まりました。

 

こうした土地でも検討はできますので、お問い合わせください。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:https/www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

8月24日(土)・25日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

「夏の発見×体感フェア」 https//www.daisei-kensetsu.co.jp/index.html

高台

 

高台の敷地の注意点

 

道路からの高低差のある敷地。高低差が大きい場合には擁壁を設けます。

 

このブログでもたびたび敷地と道路の関係を書いています。

 

今回は高低差のある敷地についての注意点についてです。

 

会社のある北名古屋市は濃尾平野の中にあり平坦な敷地が多く、敷地と道路の高低差でいろいろな検討をする必要はほとんどありません。

 

少し離れた名古屋市や他の尾張地域の丘陵地では宅地開発が進んで綺麗な街並みもできています。

 

こうした地域では道路から敷地までの高さがかなり高い状況の土地も多くあります。

 

高さによっては上の敷地までスロープを設けて駐車場や建物を設けることができます。

 

また広さや奥行きがある敷地では駐車場を道路面に設けて、その奥に法面(高低差のある土地を斜めにつなぐ)を設けて上の土地に住宅を設けることもできます。

 

こうした対応ができないくらいの高低差のある敷地も丘陵地では多くあります。

 

その場合は擁壁を設けることになります。

 

擁壁はその高さによって規格が異なり、コストも大きく変わってきます。

 

また駐車場から玄関までのアプローチにも高さの処理が必要になります。

 

土地を探して家づくりをする方は、いろいろな土地情報を目にしたり、実際に現地に行って確認したりするでしょう。

 

手ごろな価格の土地でも、高低差の処理のために思わぬ費用が発生することもあります。

 

駐車場から玄関へのアプローチも工夫が必要です。

 

お値打ちな土地だからといって即断せずに専門家にも見てもらって慎重に判断しましょう。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

8月24日(土)・25日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

 

「夏の発見×体感フェア」 http://www.daisei-kensetsu.co.jp/index.html

施工事例

ページトップ