愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

居場所

 

ご主人の居場所を設ける

 

おはようございます。

 

当社では年に2回ほど、会社の敷地でマルシェを開催しています。

 

餅投げやサッカー選手のキックターゲットなどのイベントで盛り上がっていて、出店したクラフトのお店や癒しのお店などにもたくさんの地域のお客様が来場されます。

 

出店者の方は女性が多く、マルシェに出るだけでなく自宅などで教室などを開催している方もいらっしゃいます。

 

自宅の新築やリフォームなどでも、ダイニングキッチンを広く設けて奥様が料理教室やサロンを開くためのプランニングをすることもあります。

 

教室やお友達を招いての会などを平日行うのでしたら、ご主人やお子さんが不在なのでお互いに気を遣うことはありません。

 

ところが休日に開催となると、お子さんは自分の部屋に居ればいいのですが、ご主人の居場所にこまることも。

 

そこでDENというスペースを設けるという発想になります。

 

DENの一例

 

このDENという言葉。英語の辞書で見ると、「小さな私室」、「静かな書斎」、「仕事部屋」といった英訳が載っています。

 

今まで「書斎」といった言葉を少し拡大解釈してちょっとカッコいい言葉に替えたとも言えます。

 

ともあれこのDENがあれば、奥様の教室やコミュニティーに気遣いすることなく、自分の居場所で過ごすことができます。

 

寝室脇に設けたDEN

 

読書やネット、ホビースペースなどとして使うなら、2帖ほどのスペースがあれば十分です。

 

入口もオープンにしておいて書棚などを併設すれば、ご主人が使わない時には家族が使えるライブラリーにもなりますね。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

1月25日(土)・26日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

書斎

 

書斎の位置の検討

 

寝室に設けた書斎コーナー

 

最初に間取りを作る時にご要望をお聞きする中で、書斎のスペースをご希望される方もいらっしゃいます。

 

独立した部屋にして書斎とするケースや部屋の中に設けるケース、リビングの一角に設けるケースなど形態は様々です。

 

どの形態にするのかは、書斎をどなたがいつどのように使うかなどしっかりお聞きして最適の場所や仕様でご提案します。

 

写真のケースは寝室に設けた事例。

 

家族が寝ている時には使えませんが、複数の方が気軽に使えます。

 

ある程度独立した場所で落ち着いて仕事などをしたいというご要望には部屋として整備します。

 

独立した書斎コーナー

 

また最近は働き方の多様化で在宅でお仕事をされる方も増えてきました。

 

お子さんが小さい場合には仕事部屋としての書斎を独立してしまうと目配せができにくくなるので、リビングの一角に設けることもあります。

 

キッチンや水廻りにも近いと仕事の合間に家事やお子さんの対応などもしやすくなります。

 

昔は書斎というと一つの部屋というイメージが強かったのですが、使い方も多様化しているということです。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

書斎

 

書斎の位置を検討

 

「コンパクトでいいので書斎を作りたいです!」

 

こうしたご要望も多いです。

 

一人で使うには十分な書斎コーナー

 

お子さんは「子ども部屋」として自分の空間があります。

 

一方大人は寝室はあるのですが、「大人部屋」のような自分だけの空間が欲しい場合には、書斎を設けることになります。

 

「コンパクトな」といっても書斎スペースはそれなりの空間が必要となりますので、各部屋と収納などとの調整をして、また廊下等を無駄のない配慮をして作るようにします。

 

その書斎は使う人や使う時間帯によって設ける場所を考えます。

 

家族が寝静まった後でも使うことがある場合には、独立した場所に設けるか部屋の中に設ける場合にも壁と建具で仕切ることになります。

 

また、比較的オープンにしておくと誰でも好きな時間に使えます。

 

この場合は深夜に使うことは想定していません。

 

寝室の横に設けた書斎コーナー。オープンなので家族みんなで使えます。

 

写真も畳のある寝室に設けた書斎コーナーの例です。

 

オープンで使いやすい空間になっています。

 

ただし、深夜の使用はきを遣いますね。

 

目的や使用者、使用時間によって書斎の配置が異なります。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

  

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

縦に分ける

 

部屋を縦方向に分ける

 

広い空間の一角にプラスワンのスペースを設ける計画をしています。

 

普通に平面的に足すのではなく、せっかく増やすのだから多機能に使えるようにと考えています。

 

そこで普通の部屋の中に上下に機能を分けたスペースを設けることにしました。

 

縦方向に空間を分ける。下は収納に。

 

写真もそうした事例で、ダイニングスペースの横からステップアップして部屋を設けています。

 

ダイニングと比べて天井が半分の高さなので専ら座って使うセカンドリビングとして使われます。

 

下の空間は高さの低い収納としていので、使用頻度のそれほど多くないけれど仕舞っておく必要がある物を納めることができます。

 

この事例はセカンドリビングですが、寝室に設けると書斎空間+下に収納となります。

 

空間を縦方向に分ける。上の空間はセカンドリビング

 

また2階のホールに設けるとファミリーで使えるスタディーコーナーや遊び場にもなります。

 

ステップアップしているおかげで間仕切りをしなくても用途を分けて使うことができます。

 

空間を縦方向に分けるという方法はいろいろな可能性のある空間になりますね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

書斎を作りたい

 

書斎を一角に設ける

 

寝室に設けた書斎コーナー

 

間取りの打合せの際に、いろいろなご希望をお聞きする中で、時々書斎を希望される方がいます。

 

在宅でお仕事をされている方は独立した部屋を作って書斎というよりは仕事部屋として設けるのですが、大概は本を読んだり、パソコンなどでネットを見たりできるスペースを希望されます。

 

設ける場所は様々です。

 

写真のように寝室の横に設ける例も多いです。

 

ご夫婦一緒に使う事も出来て、また寝室にあるのでお子さんに邪魔されにくいということもあります。

 

ただし使う時間、就寝時に使う時は気を遣います。

 

また書斎コーナーをリビング付近に設ける例もあります。

 

ダイニングやキッチンの横にお子さんも使えるスタディーコーナーとして設けるものもその一つの例です。

 

同じレベルにあると落ち着いて作業ができないという方にはステップアップしたコーナーを作ることもあります。

 

リビングからステップアップした場所に部屋を設ける。

 

写真は2階建てに半階加えた2.5階建てのお宅に設けたステップアップした部屋です。

 

この時はお子さんの遊び場になっていますが、お子さんが成長したらこの場は家族共有の書斎コーナーになります。

 

2.5階の家だけでなく普通の階高のお宅でも、下に低めの収納スペースを設けてその上に書斎コーナーとすることも出来ます。

 

書斎としてあまり使わなくなったらどうしましょうか・・・。

 

セカンドリビングや置き畳を敷いてお昼寝スペースにしたり寛ぎ空間にもできますね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ