愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

玄関

 

明るい玄関をつくる

 

玄関は明るいほうが何となく気持ちのいいものです。

 

間取りにもよりますが、日中から照明を点けなければならないような玄関は避けたいものです。

 

プランを作る際に玄関の位置がどちらの方角でも角にある場合は比較的窓を設けやすいものです。

 

一方、住宅の中央付近に玄関があるケースでは両側に部屋が来るので、玄関の幅をある程度確保しないと採光のための窓が確保できません。

 

玄関ドアに窓があるタイプもありますが、相当大きくないと玄関全体を明るくできません。

 

またあまり大きくすると防犯も気になります。

 

窓を付ける方位は直接日が当たらない北の面でも大丈夫です。

 

「天空光」といって「空に太陽がある限り」(昭和の歌の歌詞みたいですが・・)、北の窓でも明かりが確保できます。

 

玄関をより明るくしたい場合には、ドアの上に幅広の窓を確保するより足元までの窓を設けて玄関の奥まで光を入れましょう。

 

窓を設けて明るい玄関に

 

足元まで複数の窓を設けて玄関を明るくしました。
縦長の窓で建物のデザインも配慮。

 

足元まで複数の窓を設けた玄関と縦長の窓を設けた玄関。

 

上部だけ設けた窓は天井付近を明るくするだけで、足元が暗くなります。

 

玄関は靴を脱ぎ履きする場所であり、上がり框部分の段差もあるので足元が明るい方が安心です。

 

そこで足元まで複数の窓を設けたり、足元近くまでの縦長の窓を設けたりします。

 

建替えをした2つ目の写真のお宅では以前の家でもそれなりの大きさの窓があったのですが、取付位置の関係でいつも玄関は暗めで照明を点けなければなりませんでした。

 

この縦長の窓を付けてからは格段に玄関が明るくなりました。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

5月25日(土)・26日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

玄関の採光

玄関の採光を確保

プランニングをする時に、玄関の位置は最初に気を付けるうちの一つです。

家相を気にする方はもちろん、そうでない方も一応「鬼門」と「裏鬼門」についてはその方向に玄関や不浄のものを避けて配置をすると安心していただけるからです。

敷地に余裕があれば問題はないのですが、敷地の形状や間口などで玄関の位置を決めるのに苦労することもよくあります。

玄関の位置とともに工夫するのが玄関の採光です。

玄関ドアや玄関引戸にも窓がついているタイプもありますが、それだけでは玄関やホールを明るくするには足りない。

玄関ドアの窓を大きくしたら防犯などに気を遣わなければなりません。

そこで窓を設けるのですが、間取りによってはなかなか確保が難しいこともあります。

玄関ドアの横の壁に設けられればいいのですが、玄関のサイズによっては難しいこともあります。

そこで玄関ホール側に設けることになりますが、間取りによって様々な位置が検討されます。

写真の玄関は正面の壁の先には中庭があって、明るさが確保できることから、そこに窓を設けました。

大きな窓を設ければより明るくなるのですが、プライベートな中庭なので玄関から「丸見え」になってはいけませんので、目線を避けて上下に窓を設けました。

間には壁ができるので、ニッチを設けて「アイストップ」の効果も考えました。

玄関ホールに窓を設けるスタイルは他にもいろいろありますが、結果として明るい玄関が出来上がるととても気持ちのいい空間になります。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

明るい玄関

玄関の明るさを確保

間取りを考える際に間取りという2次元の中での検討とともに、頭の中で3次元のイメージを描いたり、人の動きをシミュレーションしたりして進めていきます。

また部屋の光の入り方と風の流れなども同時に考えていきます。

リビングや洋間、和室といったそれなりの大きさがある部屋の窓は比較的取りやすいのですが、それより小さな空間で採光の窓を確保することが難しいこともあります。

玄関もその一つ。

玄関やホールの空間で外部に面している部分が少なくなりがちなので、余計に窓の確保に苦労します。

玄関への光を採り入れる方法としては、玄関ドアについている窓もあります。

しかしながら一般的な玄関ドアに付けられる窓の大きさには限りがあるのでそれほど採光は期待できません。

特注の製作品で窓を大きく取ると防犯も気になります。

そうしたことから、玄関の採光は壁に設けた窓を第一に考えることになります。

玄関とホールの位置や形状にとって、縦長窓がいいのか横長がいいのかなど窓のデザインも検討する要素です。

写真の窓は中庭に面して設けた玄関ホールの窓です。

中庭側にはプライベートなオープンデッキと洗濯物干し場があり、それが見られないように上下に横長の窓を設けました。

採光は確保しつつプライバシーを守る。こうして明るい玄関が生まれました。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

1月26日(土)・27日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ