愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

建替え

 

建替えの住宅のポイント

 

おはようございます。

 

家の老朽化や耐震性の不安から、または子どもや親と同居して2世帯住宅にしたいので建替えるとお答えになる方もいらっしゃいます。

 

以前の住宅のイメージを残しながら建替えをしました。

 

建替えを考えたきっかけはそうですが、せっかく建替えて新しい家になるのですから、「こんな暮らしをしてみたい」という夢を実現することも考えて進めたいですね。

 

建替えの場合は、前の家との比較をしながら進めることも行います。

 

前の家で暮らしやすく新しい家でも採り入れたい部分、あるいは逆に使い勝手が悪く改善したい部分などをお聞きして新しい計画に反映していきます。

 

また建替え前の家で思い出がある部分や材料、例えば柱の傷。

 

お子さんの成長の証として残っていて処分するには忍びない。こうした材料は建替え前にあらかじめ避けておいて新しい家の仕上げなどの一部として採用することもあります。

 

また建替えの数年前に一部をリフォームしたばかりというケースもあります。

 

水廻りの設備やドアなどは新しい家でも再利用できる可能性があります。また門や塀なども残しておくことも可能です。

 

材料などの再利用に関しては遠慮なく積極的に住宅会社にお話しいただくといいと思います。

 

時には再利用のユニークな知恵が出てくるかも知れませんよ。

建替えする住宅に再利用できる材料もあります。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

2月22日(土)・23日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

景色

景色の違いを確認

昨日に続いて週末にある地区のまちづくり会の研修にお誘いをいただき、琵琶湖の湖西方面の見学について書きます。

昨日書いた堅田地区の前に、大津市の坂本地区の建築を3カ所見学しました。

坂本地区と言えば、来年のNHK大河ドラマで描かれる主人公「明智光秀」の居城の坂本城があった場所です。

坂本地区に入るとPRのためののぼり旗が道路沿いに目立ちます。大河ドラマの舞台になることでの観光を中心とする経済効果を見込んで、前年からアピールしています(過去大河の舞台になった地域を訪問した時も同様の雰囲気でした)。

その坂本地区にある「旧竹林院」。ここはいくつかある延暦寺の僧侶の隠居所である「里坊」の一つとのこと。

当時どのくらいの人数が暮らしたり、お茶会などで訪れたりしたのかわかりませんが、とても広い建物と立派な庭園で構成されています。

主屋は2階建てで1階と2階どちらも入ることが出来るので、苔の美しい庭園を同じ建物からではありますが2つの視点で見ることができます。

写真の左が1階、右が2階からの眺めです。

また四季を通じて様々な変化をする木々の様子もパノラマで見ることができます。

小滝の音やその先の川のせせらぎ、鳥たちの羽音や声そしてや虫たちの鳴き声など日々の変化も楽しむことが出来そうです。

こんな「隠居所」で暮らせるのは一部の高僧に限られたものでしょうが、とてもうらやましい限りです。

限られた時間の中での見学でしたが、十分お庭の雰囲気と「高僧気分」を味わう事ができました。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

ライトコートのある建物を再び建てる

ライトコートを取り込む住宅を建築中

 

先日会社から徒歩で行ける場所に上棟した2階建ての住宅はライトコートを取り込んだデザインとなっています。

 

ライトコートを取込むのはいろいろな形式があり、このブログでも紹介した中庭を4方向囲んだ平屋の住宅もその一つです。

 

今回は3方が建物で囲われたライトコートがある建物で、その広さは6帖ほどあります。

 

こうした建物も以前設計しており、写真がその住宅です。このお宅のライトコートは少しコンパクトなのですが、スタイルはとても良く似ています。

 

 

この時の計画では敷地の大きさに制限があってお庭が取りにくいことと、正面に商業施設があって駐車場も近いということで、オープンな庭よりも、セミクロースのライトコートをご提案しました。

 

今回上棟した建物も、同じようにオープンな庭を設けるには大きさの制限やプライバシーの点もあって同じスタイルとなりました。

 

ライトコートを取り込むことで、建物にアクセントが生まれて特徴ある建物になります。

 

上棟の最中も、通りがかりのいろいろな方が取込み型のライトコートの部分を興味深げにご覧になっていました。

 

今回の建物はライトコートの部分が大きので、外装が進むとますます目立つ建物になるでしょう。

皆さんの反応が楽しみでもあります。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ
会社の電話番号は 0568-23-9121

10月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」。
大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ