愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

平屋風の住宅

 

平屋風の住宅の内観・外観

 

この方向から見ると平屋の住宅に見えます。

 

当社の施工事例にもある高台に建つロッジ風の住宅です。

 

家づくりで相談にいらっしゃるお客様にこの写真を見せると多くの方が平屋住宅と思われます。

 

写真の方向で見ると1階から屋根が上っているのでそのように見えますね。

 

実は屋根の上の方には2階が作れるだけのスペースができます。

 

そこで子ども部屋や寝室を設けることができました。

 

こうした構成にすると建物の圧迫感が消えて、方向によって平屋に見えるのです。

 

2階を除いて屋根が上っている部分は天井を平らにするとそのままなのですが、せっかく屋根断熱があるので、その部分を有効に利用したくなります。

 

平屋風住宅の内部

 

平屋風に見える住宅の内部は豊かな空間が広がっています。

 

内部には屋根の勾配を利用して斜め天井のリビングの吹抜けを設けました。

 

吹抜けのサイズもかなり大きく取れて、総2階建ての吹抜け空間と遜色ないくらいの空間になっています。

 

ここではすべてを斜め天井にするのではなく高さが確保できる部分のみを吹抜けにしています。

 

屋根の始まりに近い部分は高さが低くなるので、普通に天井を張ったり、収納スペースにしたりしています。

 

外観からは見ることや想像ができないくらい豊かな空間構成になっています。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

5月25日(土)・26日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

平屋住宅

平屋の住宅の特徴

ここ数年平屋を希望される方が目立って増えてきました。

当社の施工事例や検討事例も多くなってきて、ホームページの平屋の事例のアクセス数は他の事例より多くなっています。

希望される年代層は少し上の世代が多く、建替えを機に平屋にするといったケースが目立ちます。

お子さんが独立して、ご夫婦2人になって余った部屋もあり、また2階への移動がこの先大変になる前に決断されるということです。

平屋にすると同じ面積の2階建てより建物が敷地に占める割合が高いので、建物の規模によってはその敷地では建築が困難なケースもあります。

しかしながら小家族なら面積を抑えることができるので、建替えも可能となります。

一方小さなお子さんのいる若い世代でも平屋を希望される方もいらっしゃいます。

階段がない分移動も楽になりますし、お子さんの様子を同じフロアーで確認できることは安心につながります。

自分たちが高齢になった将来のことも考えてもいます。

部屋数がそれなりに必要となると、2階建ての敷地より大きめな敷地が必要となります。

土地を探して家づくりを行うケースでは、土地の大きさの見極めが必要となります。

写真のお宅も土地からの家づくりでした。

最初にご希望をお聞きして、仮想の敷地でご希望の間取りを作ってその仮想敷地に近い大きさや形状の土地をさがすようにしました。

あとは実際の敷地に合った間取り修正をして希望のスタイルで平屋住宅ができました。

新たに土地を見付けて平屋住宅を建てる一つのケースとしてご紹介しました。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ