愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

どちら?

 

どちらの部屋を選ぶ?

 

同じ大きさの子ども部屋が並んでいます。どちらを選ぶのかな?

 

「どちらの部屋にしましょうか?」

 

もちろんお引渡しの時ではありません。

 

子ども部屋のプランニングをしている際に年齢にかかわりなくお聞きすることも多いです。

 

もちろん打合せ主体は親なので親の意向もありますが、せっかく打ち合わせに来てもらっているので聞いてみます。

 

ある程度の年になっているお子さんたちですと、それぞれの意志や兄弟姉妹との話し合いで自分のスペースが決まります。

 

自分で決めたことで部屋に対する関心も高まり、色や仕様の際にも参加していただけます。

 

そこまで自分関わると部屋に対する責任も高まり、自己管理もしてもらえるそうです。

 

またそこまで年齢が高くないお子さんにも部屋の場所をお聞きすると、「ここがいい」というお子さんもいます。

 

次の打合せの際にはきちんと覚えて「ここ!」と示してくれる子もいます。

 

あるいは「ここだよ!」と言って知らせてあげることもあります。

 

このようにお子さんにも打合せに参加してもらうことで、打合せの場が和みますね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

8月24日(土)・25日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

仕切る?

 

子ども部屋に間仕切りは必要か?

 

複数の子ども部屋を仕切る?仕切らない?

 

「女の子同士の部屋は仕切ることはしないでいいです!」

 

最近複数のお宅のプランニングで子ども部屋の仕様について同じようなお話を聞きました。

 

それは・・。

 

子ども部屋の仕切りについてです。

 

複数の子ども部屋を設ける際にはそれぞれを間仕切り壁で仕切るのが一般的です。

 

また時々あるのが写真のような建具を利用した可変性のある仕切りを設けること。

 

さらにこれも比較的多いのですが、間仕切りを設けて2つあるいは3つの部屋を一つの広い部屋にしておくこと。

 

間仕切りを設けない場合には将来の間仕切りをどうするかということも考えておかないといけません。

 

子ども同士が異性の場合は将来には仕切ることになるでしょう。その場合は開放的な子ども部屋を設けないでそれぞれを最初に仕切ることもあります。

 

子ども同士が同性の場合はケースによって異なります。

 

経験上男の子同士の場合は仕切ることも多いです。ご主人に聞いても兄弟別々の部屋を持っていた、あるいは持つのが夢だったというお話しをよく聞きます。

 

女の子同士の場合は異なります。

 

奥様に聞くと、大人になるまで姉妹同じ部屋だったというお話しをよく聞きます。

 

ある程度大きなお子さんにはプランニングの時から参加してもらって意見を聞くのですが、姉妹の場合は同じ部屋でいいという事例が何度もありました。

 

兄弟と姉妹の違い。

 

もう少し事例を集めて掘り下げて研究してみたいですね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

子ども部屋

 

お子さんの要望を反映

 

屋根裏風の子ども部屋

 

「屋根裏風の子ども部屋がいい」。

 

といったお子さんの要望が聞けることがあります。

 

家づくりをお客さまと進めている中で、お子さんが乳幼児ではなくある程度の年齢になっているご家庭では、お子さんのご要望もお聞きします。

 

木の小窓が付いた子ども部屋

 

「部屋にかわいい木の小窓がほしい」。

 

こんな要望もあります。

 

このように空間のイメージや仕様や色などいろいろなことを聞くことができます。

 

兄弟姉妹がいる場合ではそれぞれの個性が要望にも表れて、それが実際に反映されていて比べてみるととても興味深いです。

 

自分で選んだデザインや仕様のために住んでからもとても思い入れがあるので、大切に使ったり、工夫してアイテムを選んだりして入居時から進化させているお宅も多いです。

 

そんなことをお聞きするととても嬉しくなります。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

一部屋追加する

 

一部屋をプラスして設ける

 

将来的に子ども部屋に早変わりできるプラスワンの部屋

 

お子さんの数に合わせて一部屋あるいは複数の子ども部屋を設けてそれぞれクローゼットとドアを設けるプランニングは一般的です。

 

お子さんの年齢がある程度高い場合はそのようにまとめますが、小さなお子さんがいる家庭ではさらなる検討をすることもあります。

 

このブログでも時々紹介していますが、小さいうちは仕切った部屋ではなく、2つの部屋に仕切りを設けなくて広く使うこともその一つです。

 

この場合クローゼットをそれぞれ設けてあるのでもし将来的に仕切る必要がある時も簡単に間仕切ることができます。

 

また将来的に今よりお子さんの数が増えることも考えられます。

 

現在のお子さんの数だけ部屋を設けてもお子さんが増えたら部屋が足りなくなる。

 

でももしかしたら増えないかも知れない。

 

こうしたケースにも設計で工夫することができます。

 

例えば写真のお宅。現在のお子さんの数にプラス一部屋を設けました。

 

ドアはないのですが、クローゼットは設けてあります。普段は家族で使ういわゆるファミリールームとして使用できます。今は専らお子さんのプレイルームになっていますね。

 

将来的にお子さんが増えればドアを付けるだけで子ども部屋が一つ出来上がります。

 

もし増えなくても収納もあり家族で使える部屋やお客様の宿泊にも対応できます。

 

もちろん一部屋設けると住宅の面積は増えますが、使い勝手のいい部屋があることでいろいろな可能性も見出せます。

 

住宅をつくる際には現状だけでなく将来も考えることが必要ですが、その一つの例としてご紹介しました。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

子ども部屋

子ども部屋のスタイルのいろいろ

  

お客様との打合せの中で、子ども部屋についてはそれぞれの考えがあって打ち合わせも楽しい時間です。

  

お子さんの性や人数によっても部屋の設計も違ってきますが、それよりもどのようにお子さんを育てるか、また育っていくかという考えでも違ってきます。

  

それ故に伺った内容を基に様々なスタイルを提案します。

  

年齢によってはお子さんにも見てもらうこともあります。仕様の決定にも参加してもらったりもします。

  

参加したお子さんも楽しんでいるようです。住んでからデザインの方面に進んだお子さんもいます。

  

その中でお子さんの部屋を分けるか小さいうちは広く部屋を確保して、大きくなってから分割していくというケースもあります。それが次の例。

  

①広い子ども部屋を作り将来分割する

  

広い子ども部屋にドアを2つ、クローゼットを2つ設けて小さいうちは一緒に勉強したり、寝たりする。

  

ロフトを設ける時も2つ設けて平等にします。

  

こうすることで、子ども同士はさみしくないのと、親も安心できます。

  

お子さんが大きくなって仕切るのが普通だが、時折お子さんのほうから仕切らなくてもいいという要望が出ることがあります。

  

同性でなかのよい兄弟姉妹なので、分ける必要はないというお子さんの考えからです。

  

クローゼットはそれぞれ使うので2つ欲しいけれど、ドアはもったいないから1つでいいと言われたこともあります。

  

ドアもクローゼットもロフトも2つの広い子ども部屋

なんて親思いのお子さんなのでしょう。

  

②最初から一つずつ子ども部屋を設ける場合

  

最初から独立した部屋を一人ひとつずつ設ける場合も多いです。

  

ある程度大きくなったお子さんのいるお宅では多いスタイルです。

  

小さなお子さんがいるお宅でも最初から一つずつ設ける場合もあります。

  

独立した部屋で例えば2人のお子さんが一つを勉強や遊びの部屋として、一つを寝る部屋として共同で使う。

  

お子さんが大きくなったらそれぞれの部屋を使う。

  

その時にそれぞれの部屋を誰が使うかを最初から決めておいて、そのお子さんのイメージに合った仕様にすることもあります。

  

写真も最初から独立した子ども部屋です。

  

お子さんのテーマカラーを決めた

お子さんが小さいので仕様は親が決めたのですが、男の子なのでテーマカラーをライトブルーとしてアクセントとして壁に採用しました。

  

お子さんの部屋だけでもたくさんの例があって、毎回楽しく打ち合わせができます。

  

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

  

会社の電話番号は 0568-23-9121

資料請求はこちら:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

  

4月20日(土)・21日(日)は設計相談会です。

  

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ