愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

和室に板の間

和室に板の間を設ける

和室に板の間を設けることもあります。

例えば寝室を和室にして板の間を設けるケース。

新築でも寝室を和室にしたいという要望も時々あります。それまで住んでいた住宅で小さなお子さんと一緒に和室で寝ていたので、そのスタイルを継承したいということです。

和室は部屋の大きさにもよりますが、布団がある限り人数は限定されません。

ベッドのある洋室は基本的にはベッドの数が寝る人の数となります。

こうして特に小さなお子さんのいらっしゃるお宅で和室を寝室にするケースがあります。

そしてタタミと横に板の間を設けて荷物や棚、あるいはデスクなどを置くスペースとすることも多いです。

他に和室に板の間を設けるケースの一つとして写真のようなケースがあります。

これは続き間和室の例で、本家で法事を行う時に親戚がたくさん来るので、これだけのスペースが必要として設計しました。

親戚の中には正座をするのが辛い方もいらっしゃることを想定して、椅子を置けるスペースとして板の間を設けています。

普段奥の和室は締め切ることが出来て、手前の和室はリビングに向けて開放しています。

よって普段使いの時は広いリビングの一角のタタミコーナーとして機能します。

また法事以外のお友達などの来客が大勢あっても対応できるフレキシブルに使えるコーナーでもあります。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ