愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

部屋の入口

 

子ども部屋の入口の表情

 

子ども部屋のドアに小窓を設けた事例。

 

部屋の入口のドアの仕様を検討しています。

 

寝室や水廻り、リビングへの入口などそれぞれの箇所に付ける仕様は異なっています。

 

トイレの戸は鍵付きは一般的ですが、洗面脱衣室はどうするのか?

 

トイレの照明の消し忘れ確認や入室の確認のためのスコープは付けるのか否か?

 

このようにデザインはもちろん細かなところまで検討して決めていきます。

 

例えば子供部屋ではどうでしょうか。

 

寝室と同じ仕様にするケースもありますが、お子さんの様子も気にしたいという要望もあります。

 

そこで、小窓やスリット窓を設けたドアを付けたりします。

 

窓は透明ではないので中は見えないのですが、照明の様子は確認できます。

 

遅くまで勉強をしているのか、あるいは照明の消し忘れているのかという確認です。

 

以前は子ども部屋にカギを付けるという仕様もありましたが、最近は付けることはありません。

 

昭和のドラマで子どもが部屋に籠って出てこない、親が開けようとしても鍵がかかって入れない。

 

こんなシーンをよく見かけました。

 

個人のプライバシーが語られ始めた時代背景もあって家庭内でも個々のプライバシーを守るために部屋にカギを付ける例があったのではないかと思われます。

 

今では子ども部屋は普段はドアを開放したままというお宅もあって、時代の変化を感じます。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

9月28日(土)・29日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

アプローチ

 

玄関のアプローチの表情

 

外観のブルーに合わせてブルーのタイルを用いた個性ある玄関廻り。

 

集合住宅に住んでいると、住棟や住宅自体も同じような表情なので自分の家と間違えて他の住棟に入っていったり他の家のドアを開けようとしたりしてしまうというお話しを聞きます。

 

私も東京で働いていた頃はマンション住まいだったので、大規模マンションに暮らしていた時は考え事をしたり、酔っぱらったりして間違えたことがありました。

 

戸建て住宅でも複数棟建っている建売住宅などは同じ表情の家もあるのでこうした間違えもあるのではないかと思います。

 

一方注文住宅ではそれぞれのお宅に個性があるので建物の表情や玄関まわりでもお隣と同じということはありません。

 

ドアや外壁はメーカーの物を使うこともあるので、同じものが偶然並ぶこともあるでしょう。

 

でも玄関廻りやアプローチの形状などはそれぞれ異なってきます。

 

お気に入りの色を付けたり、アクセントを設けたりといろいろな工夫ができます。

 

階段やスロープも玄関廻りの表情を決める重要な要素です。

 

玄関まで至るアプローチも階段やスロープなどの組合せでも違いが現れます。

 

好きな色を選んだり、お気に入りのテイストにコーディネートしたりといろいろな方法でその家の個性が生まれます。

 

いろいろな家の玄関を見ながらその家の個性を発見するのも面白いですね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

9月28日(土)・29日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

D or S

 

洗面はデコラティブorシンプル

 

デコラティブな2階の手洗いスペース。奥様お気に入りのスペース。

 

2階に洗面や手洗いのスペースを設ける例も多くあります。

 

2階にトイレ以外に水が出せる場所があるメリットはたくさんあります。

 

洗面の場合は朝など家族が洗面に集中しやすい時間帯には分散されて混み合うことを回避できます。

 

またお子さんが病気の場合は子ども部屋のある階(2階が多い)に水が使えるスペースがある方が便利です。

 

さらに2階やバルコニーなどのお掃除にも近くに水がある方が便利です。

 

こうした使い勝手のいい2階の洗面や手洗いですが、そのスタイルやデザインは2階ゆえに来客に見られることがない分、自由度が高いです。

 

例えば写真のようなデコラティブなスタイル。

 

花柄の輸入陶器にモザイクタイル、そしてアイアンの棚受け。

 

住まい手の方の好み(このお宅は奥様)が現れて素敵な空間となっています。

 

手洗いの機能もしっかりありますが、魅せる場所にもなっています。

 

2階は家族のゾーンなのですが、ここはお客様にも見てもらいたいですね。

 

同じ洗面や手洗いでも写真のようなシンプルなスタイルもあります。

 

シンプルスタイルのモノトーンでまとめた手洗い空間。

 

ダークカラーにまん丸の白いボウルが引き立ちます。

 

収納棚もしっかり設けて機能性も高い空間となっています。

 

2つの事例を紹介しましたが、先に述べたように2階の洗面はスタイルの自由度が高くある程度「冒険」も可能な空間です。

 

これからもいろいろなスタイルが生まれるでしょう。

 

とても楽しみです。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

9月28日(土)・29日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

駐車場

 

駐車場のパターンもいろいろ

 

シンプルな外観に合わせて直線を基調にした駐車場デザイン。

 

土地の大きさにもよりますが、外構の中で駐車場の占める割合はかなり大きいものです。

 

特に愛知県は家庭での車の保有台数が複数あるお宅が多く、駐車場のスペースも2台は確保するという設計になることが多く、敷地に余裕がある場合にはさらに1~2台と設けます。

 

それだけ駐車場が外構に占める割合が高くなるとその形状やデザインも工夫が必要となることもあります。

 

特に駐車場は道路に面するので人からよく見える場所にあるからです。

 

例えばシンプルな外観のお宅の表情とカラーに合わせてシンプルな直線パターンで仕上げた写真の事例。

 

コンクリートの間の砂利もアースカラー系の建物の色に合わせています。

 

また四つ葉のクローバーの妻飾りのあるこのお宅は、そのやさしく可愛らしい外観に合わせて曲線を使って駐車場の目地を引いています。

 

やさしく可愛らしい雰囲気の建物に曲線を基調とした駐車場のパターン。

 

仕上げも駐車スペースのコンクリート以外は目地には緑を配しています。

 

アプローチの横のグリーンと床のパターンとも合っています。

 

このように駐車場もそのスペースにコンクリートで仕上げるという単純な形だけではなく、いろいろなパターンがあります。

 

コンクリートに数本目地を入れてそこに砂利やグリーンなどを加えるだけで、シンプルな駐車場にも表情が生まれます。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

9月28日(土)・29日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

応接間

 

応接間が存在した時代

 

昭和の時代の家の応接間の定番のソファーとテーブル

 

最近は設計しなくなりましたが、昭和の比較的大きな住宅ではお客様のために「応接間」を設けるお宅もありました。

 

小さい頃友達の家に遊びにいくとそうした部屋があるお宅もあって、そこには革張りのソファーとテーブルそしてその上にはガラスの灰皿と同じくガラスのライターという応接間の「定番」のセットが置いてありました。

 

応接間の位置は玄関に近い所にあって、その奥の家族のゾーンと分ける意味がありました。

 

こうした定番の応接間は新しいお宅では見かけることもなくなりましたが、たまに耐震診断で訪問したお宅にこうした部屋があるケースもあって、とても懐かしい「昭和」の雰囲気に触れることができます。

 

こうした定番の応接間は来客がない限り使わない時も多く、またライフスタイルの変化からもなくなっていきました。

 

代わりに最近の事例としては、玄関脇に設けた多目的な和室の例があります。

 

応接間としても使える玄関脇に設けた和室。

 

小さなテーブルを置いておけば座布団を出して、来客対応もできます。

 

また客用布団を出せば、泊まっていただくこともできます。

 

さらに着物の着付けや和の習い事の場所としても機能します。

 

ソファーにテーブルという定番のスタイルは使い方が限定されますが、こうすることで普段も使える多目的な部屋として便利に使うことができます。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

9月28日(土)・29日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ