愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

食卓

 

ダイニングのテーブルを無くす

 

おはようございます。

 

ダイニング空間に食卓のないスタイル。

 

ホームドラマでは食事のシーンを見ることが多いですね。

 

考えてみれば家族が揃って同じ場所にいることは、食事以外はあまりないのかも知れません。

 

家族が揃った食事のシーンで家族間の関係なども伺い知ることにもなるので、ドラマの展開上も重要なウエイトを占めていると思います。

 

食事と言えば一般的にはダイニングの食卓ということになります。

 

昭和の頃は和室で卓袱台を出して食事をするというスタイル(私と同じ世代の方は「寺内貫太郎一家」のドラマや現代でも「サザエさん」などでもおなじみですね)が多くありました。

 

最近の当社の事例でもダイニングテーブルを置かないというケースも時々あります。

 

写真のお宅もそうした事例の一つ。

 

リビングも床座で、そこに置かれたローテーブルで食事をするスタイル。

 

昭和の食卓とは違うのは大家族ではないこと、そしてライフスタイルが「和」ではなく「洋」にシフトしていることです。

 

確かにここに昭和の卓袱台は場違いな感じですよね。

 

リビングに置かれたローテーブルで食事をします。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

1月25日(土)・26日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

梁に取付け

 

梁にブランコを取付け

 

おはようございます。

 

梁にブランコを取付けたショールーム。

 

昨年の秋にショールームを大胆に梁を見せる形でリノベーションをしました。このブログでも以前紹介しましたね。

 

その後家具やマットなどリノベーションのスタイルに合わせて少しカジュアルな雰囲気に変更しました。

 

以前は少し落ち着いたイメージでしたが、梁のある斜め天井や梁に取り付けたブランコがカジュアルな感じだからです。

 

このブランコ、梁にしっかりボルトを埋め込んでいるので大人が遊んでも大丈夫です(私も時々気分転換に揺られています)。

 

一般のお宅でも吹抜けや2階の斜め天井に設けた梁にこうしたブランコのような遊びの要素を採り入れることができます。

 

下の写真は実際のお宅。

 

ターザンロープでたくましく遊ぶ姿がほほえましい。

 

ターザンロープを取り付けて、上り下りが出来るようにしています。

 

ロープを上ってロフトに行ったり、2本のロープを束ねてブランコ風に遊んだりすることもできます。

 

こちらもしっかりボルトで固定されています。

 

ネットで調べてみるとボルト固定しなくても簡単にブランコなどを梁に取り付けられるものも多くありました。

 

簡単なものはお子さんが成長した後での取り外しも楽ですね。

 

梁が現しになっているお宅で一ついかがでしょうか?

 

ショールームのブランコで雰囲気をお試しいただくのも大歓迎です。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

1月25日(土)・26日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

ポストの位置

 

外構でポストの位置を検討

 

おはようございます。

 

年始は年賀状の配達があって郵便物がどうしても多い時期です。

 

ポストを覗いてどれだけ年賀状や郵便物が来ているかを確認するのも楽しみですね。

 

一方でこの季節ならではの厳しい寒さに直面することにもなります。

 

オープンな外構のポスト

 

ポストの位置が玄関から離れていると特に早朝に新聞を取るためにポストに行く行程で寒い思いをします。

 

また早朝ならほとんど他の人に会うこともないのですが、少し時間が経つと人の往来もあると「それなり」の恰好をするといった気を遣います。

 

写真のようなオープンな外構ですとポストの位置を玄関近くに配置してスムーズな取り出しが出来ます。

 

寝起きのままでも「サッ」と素早く新聞を取れば寒さと人の目を気にすることはありません。

 

一方防犯やレイアウトの関係でフェンスや門扉を設けたクローズな外構ではどうしても玄関からポストまでが遠くなります。

 

クローズな外構は門廻りの雰囲気を演出できるので人気のスタイルでもあります。

 

その雰囲気を保ちながらの位置やバランスが難しいところですね。

 

我が家も玄関からポストまで少し距離があります。

 

私は寒い早朝に澄んだ空気を吸いながら毎日元気に新聞を取りに行っています。

 

クローズな外構のポスト

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

1月25日(土)・26日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

内装

 

3Dで内装を検討

 

おはようございます。

 

内部の工事が進んでくるといよいよお引渡し間近になってきます。

 

決定したテイストに合わせて新調する家具やカーテンも搬入時期なども打合せをすることになります。

 

内装の色やテイスト、備品を決めるときに3Dが役立ちます。

 

リビング周りの3D画像。家具や備品も表現するとリアルな感じになります。

 

壁や柱などの色はもちろん、家具や備品を3Dで表現することで、より具体的なイメージに近づけることができます。

 

こうしたイメージを基にして大まかな方向性を決めておきます。

 

実際はカーテンなどは採寸が必要で、家具も実際の寸法をチェックするために図面と共に現場でも確認することになります。

 

現在お持ちの家具や備品も色や形が分かっていれば、ある程度3Dで再現ができます。

 

イメージがしやすいので中には当初お手持ちの家具を置くつもりが、新調されるということに変更される方もいます。

 

そうした決断も先に3Dで確認すれば入居に間に合いますね。

 

リビングだけでなく、寝室や他の部屋も作成してお客さまにプレゼンをしました。

 

寝室の3Dイメージ。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

1月25日(土)・26日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

二方向

 

二方向に開いた開放的な和室

 

おはようございます。

 

昨日は寝室の床を畳にして和室仕様にするお話しでした。

 

今日はリビング空間につながる和室についてです。

 

リビングに接した開放的な和室。

 

間取りのご要望をお聞きすると、コンパクトでもいいから和室が欲しいというご希望は多いです。

 

ウエスタンスタイルに慣れている方、幼少期から和室のない生活をされていた方を除いて、やはり畳のスペースがあるだけで何となく安心するのは長い間畳の生活で慣れ親しんできたという先祖からのDNAの影響だからでしょうか?

 

敷地の形やいろいろな条件で和室が設けられる位置は様々ですが、リビングと接する和室は出来るだけ一体感と解放感がある方がいいですね。

 

お子さんが和室で座ってお遊びをするケースやお昼寝をするケース。小さいお子さんが病気の場合でも子ども部屋で寝かせるというよりは家族のいる近くで寝かせる方が安心です。

 

解放的なので、家族から和室の様子がよくわかりますから。

 

お子さんだけでなく、大人も寝転がったりストレッチしたりするのはやはり床からの反力が優しい畳がいいので和室があると便利です。

 

二方向に開放している和室も上の写真のように引込みの戸があると閉じた空間にもなるので、来客の宿泊などにも対応できます。

 

解放的ながら奥まった場所にある少し落ち着いた和室。

 

また引戸がなく二方向オープンな和室でも下の写真のように奥まったところにあると、やや落ち着いた空間にもなります。

 

オープンで家族の声や気配も感じられるので、落ち着きすぎるあまり寝すぎて忘れ去られることもありませんね。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

1月25日(土)・26日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ