愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

紅葉を求めて

 

紅葉を求めていつもの場所

 

西日に映える紅葉

 

先週の日曜日に紅葉を求めて渓谷に行った帰りにまだ時間があったので、他の紅葉個所をと考えたのですが、有名なスポットは混雑が予想されるので、いつものお気に入りの場所に行ってみました。

 

写真のように一部が色付いていて午後の光を受けてとても綺麗!

 

でもまだまだ平地に近いのでちょっと早かったようです。

 

お茶室の木々の紅葉も色付きはじめといった感じで、真っ赤なもみじと数寄屋建築を想像しながら写真に納めてきました。

 

もう少しすると木々も真っ赤になります。

 

この状態でも充分に美しいですね。

 

数寄屋建築と木々、苔、庭石という茶庭の必須アイテムとの相性はどんな季節でもばっちりです。

 

立礼席ではいつも美味しいお薄をいただきました。


地元のお茶と地元の和菓子屋さんのお菓子。

 

この茶室はいつも主菓子にこのお庭で採れた葉を添えて下さるのでとても雰囲気がでます。

 

この日は季節感を感じる栗きんとんにもみじの葉との組み合わせ。

 

目でも美味しくいただきました。

 

紅葉を求めて少し遠出をした後の一服、ありがたい一日でした。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

11月23日(土)・24日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

省エネ講習

省エネ法の技術者のための講習

 

地球温暖化対策で温室効果ガス削減の取り組みは各分野で行われています。

 

一番取組が進んでいるのが産業界で反対にそれほど進んでいないのが住宅分野といいます。

 

住宅の性能は高くなっているのですが、生活の向上に伴いエネルギー使用の割合も高くなっています。

 

今回の改正建築物省エネ法では戸建て住宅や共同住宅にも制度の変更があり、国が技術者への講習を全国で行っています。

 

講習テキストと修了証

 

ある程度の概要はつかんでいましたが、所管の国土交通省主催の講習なのでより詳しく聞けると思い、受講してきました。

 

本来なら温室効果ガス対策を住宅分野でも徹底的に行うなら、ドイツのように基準に満たない住宅は違法とする方法もありましたが、ドイツに比べて新築住宅の着工戸数がとても多いので混乱を避けるために、性能を向上するための誘導措置が取られました。

 

この一つが建築士による建築主への省エネに適合しているか否かの説明義務です。

 

この日はそのために整備される予定の判定ソフトの説明がありました。

 

しかしながら法を整備した趣旨からしてこれからの住宅は基準を満足することになると思います。

 

そこで基準を満足する住宅の設計と施工の要点の講習も併せて行われました。

 

設計と施工のテキスト

 

法の施行時期は2段階ありますが、立派なテキストを無料でいただいたので、しっかり対応していきたいと思います。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

11月23日(土)・24日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

中二階

 

中二階のスペースの使い方

 

1階と2階の間に半階分の空間を挟んだ住宅も何棟か作ってきました。

 

「2.5階建ての家」や「スキップフロアーの家」という名をつけてご紹介したこともあります。

 

その半階分のスペースは法的な面積の制限や高さの制限はあるものの、かなりの広さが確保できるのでいろいろな使い勝手ができます。

 

実際にお客様もいろいろな用途で使っています。

 

中二階をお子さんの遊び場としたお宅です。

 

まずはリビングから上がった場所にある中二階のスペース。

 

ここは最初のうちはお子さんの遊び場として利用できるようにしました。

 

手すりのパネルはシルエットはわかりますが透けないもので多少散らかっていてもリビングからは良く見えないので思いっきり遊べます。

 

お子さんが成長すればこのスペースは下の写真のようなリビングの一つとして利用できます。

 

セカンドリビングとしての中二階の例。

 

こちらはリビングダイニングから半階ステップアップしたリビングスペース。

 

高さは抑えられていますが、寛ぐには十分な広さがあります。

 

また開口があってとても明るいスペースでもあります。

 

のんびりテレビを観るにはいい環境ですね。

 

中二階を居室以外に利用する例もあります。

 

中二階を収納スペースにした例。ネコちゃんの遊び場でもあります。

 

写真は収納スペースとして利用した例です。

 

書庫は棚を設けて、その他は納戸のような使い方をしています。

 

天井の高さの制限はあるものの、収納にはちょうどいい場所です。

 

ネコちゃんの遊び場にもちょうどいいですね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

11月23日(土)・24日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

土木構造物

 

ダイナミックな土木の構造物

 

渓谷に架かる鉄の橋。赤い手すりが映えます。

 

久しぶりの休みを利用して紅葉を見に三河方面に行ってきました。

 

三河では紅葉の名所がたくさんあり、特に「香嵐渓」は名所なので付近の道路は休みともなると大渋滞。

 

そんなメジャーな場所は避けて同じ西三河エリアの紅葉スポットである渓谷を選択。

 

近くには徳川家の祖先「松平氏」の郷もあり、それなりの観光名所でもあります。

 

紅葉の初旬のころで渓谷一体の色づきも一部だけでしたが、それなりに見栄えがありました。

 

また渓谷を渡る橋や川の途中にあるダムなどの土木構造物もあって目を惹きます。

 

全体のフォルムはダイナミック。

 

塗装したての橋はアーチをメインフレームとして橋の歩道部分を吊る構造。

 

とてもダイナミックです。色もこの季節は山とのコントラストもいいですね。

 

橋の欄干からはダムが見えます。

 

橋からはダムが見えます。

 

マッシブなコンクリートの塊ですが。渓谷全体のボリュームと比べるとそれほど目立つものではなく、所々に見える紅葉とのバランスも悪くありません。

 

土木は「建設」という大きなカテゴリーでは同じ分野ではあります。

 

以前勤務していたゼネコン(総合建設会社)でも建築と土木分門がありました。

 

しかしながらお互いには全く違う分野で技術者の人的な交流や人事異動はまったくありませんでした。

 

技術の点では基礎的な部分はそれなりに分かりますが、それ以上になると想像の域を超えることはできません。

 

ダイナミックな構造を一般の方と同じように眺めていました。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

11月23日(土)・24日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

 

蔵を改造した料亭

 

入口から雰囲気のあるお店

 

先日大学院時代の恩師と先輩と当時の仲間たちで古い町並みと昭和のアーケードが残る「四間道・那古野地区」にある和食のお店に行ってきました。

 

久しぶりの再会にまずは乾杯といきたいところですが、そこは皆建築に携わる人々。

 

お店の方の案内で蔵として利用していた建物を見学させていただきました。

 

蔵の一階には年代物の箱階段が。

 

こちらも普段は客間として使用しているのですが、この日はたまたま空いていて運よく見ることができました。

 

施設の改装中に年代を記した瓦が発見され、それを基に少なくても300年ほど前に建てられた蔵であることがわかったそうです。

 

ということは江戸中期ですね。

 

1階は座敷で2テーブルがあって、なにより目を惹くのが箱階段。

 

現代の階段下収納の原点とも言えるものです。

 

それなりの大きさのものから小物までしっかりと収納できそうです。

 

現代の階段と比べるとかなり急なのですが、当時はこれが一般的な勾配だったのでしょうね。

 

箱階段ではないですが、昭和期までこのくらいの勾配の階段は一般の住宅ではスタンダードでした。

 

箱階段を上がっていくと、そこはギャラリースペースとなっており、棟木や登り梁が現しになっています。

 

棟丸太や登り梁のある二階のギャラリースペース

 

それぞれの木材を見ると、どこかの年代でオリジナルから新しい材木や板材を使って改修したのではないかと思われる部分がありました。

 

そうしたことを仲間と推論していくのもまた楽しい時間です。

 

お店の方も丁寧にご説明していただいて、ゆっくり見ることができました。

 

ありがとうございました。

 

その後の料理とお酒も和の雰囲気の中、より一層美味く感じました。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

11月23日(土)・24日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ