愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

二世帯住宅

 

二世帯の住宅計画のポイント

 

おはようございます。

 

上下で別れる二世帯住宅

 

当社では二世帯の住宅を建てるケースもあります。今日はそのお話しです。

 

親世帯と子世帯が一緒に暮らす二世帯同居を住宅で実現したものが、いわゆる「二世帯住宅」です。しかしながら一言で「二世帯住宅」といってもそのスタイルはいろいろです。

 

まずは同居のスタイルです。子世帯は息子夫婦か娘夫婦かによっても条件が変わってきます。

 

またそれぞれのライフスタイルが違えばそれに対応する間取りなどの配慮も必要です。

 

さらにそれに関連して同じ玄関や設備を使う形態か一部あるいは全部を分離するか。

 

また子世帯の家族構成やそのお子さん(親世帯からするとお孫さん)の数や年齢などによっても間取りや設備の配慮が必要になってきます。

 

なにより大切なのはお互いがそれぞれの家族の本音や「こんな暮らしがしてみたい」という希望を聞くことです。

 

親世帯は良かれと思って考えた間取りでも子世帯ではNGとなること、またその逆もあるでしょう。

 

世帯それぞれのまとめ役は必要かもしれませんが住宅会社がその役を担うこともできます。

 

二世帯住宅では建てる時に資金や融資の点や完成後に建物の登記や税金など、単世帯に比べて多く考慮すべき点もあります。

 

こうしたことも含めて計画にあたってしっかりお話しをしていくことで理想のスタイルの二世帯住宅が出来上がるのです。

 

昨日も載せた下の写真は実は2世帯住宅となっています。よく見ると横のスリットの入った木目の玄関ドアとその左にもう一つグレー玄関ドアがあります。

 

平屋に見えるが実は2階建ての二世帯住宅

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

2月22日(土)・23日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ