愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

14 October

和風

 

和風の住宅の要素

 

和風住宅の和室。柱壁や天井に和の要素が施されています。

 

和風の住宅の室内空間もしっかり和の要素を取り入れて造ります。

 

特に和室は壁や柱、そして天井まで(天井にある照明のデザインまで)気を遣います。

 

モダンな住宅でも和室を設けることはありますが、柱は隠したり、壁や天井はシンプルに仕上げたりして、言うなれば「タタミの敷いてある洋室」風に仕上げることもおおくあります。

 

それに対して和風の住宅では柱を現しにして、壁は左官壁、天井は竿縁天井としています。

 

壁のライトグリーンというか和風に言うと「うぐいす色」と木の素地の明るい色がとても爽やかな印象の和室となっています。

 

こうすると付属のアイテムまでこだわりたくなるものです。

 

写真は玄関ホールにある収納。

 

和風住宅の玄関の様子。網代風の戸のある玄関収納が目立ちます。

 

下足入れとしてもスリッパなど上履きなどを置く場合にも使えるものです。

 

戸は引違いの框戸になっていて、鏡板(縁取り中にある一段沈んだ面の板のこと)には網代風のデザインがほどこされています。

 

和の雰囲気を上げるのに一役買っていますね。

 

落ち着きのある和の建物はお客さまの年代に関わることなく一定の支持があります。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています

13 October

壁に個性

 

壁のアクセントに個性

 

男女お二人のお子さんの部屋を同じ大きさで2階に設けました。

 

お子さんの部屋のアクセントは鮮やかなピンクの壁。

 

壁を挟んで左右対称の部屋です。

 

床の仕上げは廊下や他の部屋と同一のもので仕上げていますが、壁はそれぞれのお子さんがご自身で決めていただくようにしました。

 

ある程度大きなお子さんの場合、お子さん自身にも家づくりに参加していただけるように考えてのことです。

 

決めていただく際にある程度アドバイスさせていただきました。

 

机やベッドなどの家具が入るので、余りたくさんの色を用いないこと、シンプルに壁天井を白系の同色としてもいいということ。

 

また「らしさ」を表現するために一面に好きな色を用いても面白いこと、などです。

 

そうしたお話しを経てそれぞれ案を出していただき、色のバランスなど微調整しながら写真のように二つの部屋の仕様が決定しました。

 

ドアを開けた正面の壁にそれぞれアクセントカラーを用いています。

 

こちらは渋めのダークブラウンの壁がアクセントに。

 

女の子は鮮やかなピンク、男の子は渋めにダークブラウン。

 

とても分かりやすい構成になりました。

 

左右対称ながら同じ大きさの部屋でも壁の色ひとつで印象が大きく変わりますね。

 

自分で決めた色の部屋はより大切に使ってもらえることでしょう。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

12 October

玄関引戸

引違いの戸の採光

 

格子から光が入って明るい玄関。

 

玄関の引違いの戸から採光が入って明るい玄関です。

 

玄関の入口の戸には開き戸と引戸があります。

 

一般的には開き戸が洋風、引戸が和風というイメージがあります(最近では引戸も洋風のデザインのものも出ていますが)。

 

和風の玄関引戸はガラス戸で格子が入っているパターンが多くあります。

 

玄関引戸の格子のパターンもいろいろあって選択できます。

 

ガラス面積も大きくてその前に格子があっても光が多く透過しますので玄関の中は明るくなります。

 

採光はとてもいいのですが、ここで気になるのが防犯と断熱気密性能です。

 

防犯の点では昔の玄関引戸は鍵が中央一カ所というものが主流でしたが、今では開き戸と同じようにダブルロックとなっています。

 

断熱気密性能では確かに開き戸は閉まった時に枠に密着しやすく、可動域の多い引戸は低くなりがちです。

 

しかしながら最近の引戸はそうした性能も「ある程度」クリアしたものもあり(寒冷地で難しいですが)、デザインのバリエーションも広がっています。

 

外観が和の雰囲気のある家にはやはり和の雰囲気のある玄関引戸が似合います。

 

格子戸からの光が繊細でいい感じですね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

11 October

吹抜けの梁

 

吹抜けのアクセントの梁

 

モノトーンの空間には黒い梁が似合う。

 

吹抜けに設けた梁です。

 

拡がりのある空間を引き締める効果や構造的な安定感、アクセントとしてなどいろいろ感じるところがあります。

 

この梁は木材なので、素地で見せる場合がおおいのですが、室内のテイストによっていろいろな見せ方があります。

 

写真のような黒い梁。このお宅は白と黒のモノトーンを基調とした空間なので梁もその雰囲気に沿う形で黒く仕上げました。

 

とてもクリーンな空間にシャープな印象を与える黒い梁です。

 

一方こちらの吹抜けの梁は木の素地のままで取付けられています。

 

無垢の素地の素材を使った空間には素地の木の梁が似合う。

 

下からの見上げの写真で全体のテイストがよくわかります。

 

無垢の木の素材、特に素地の木の風合いを感じる事の出来る空間です。

 

こうした空間にはやはりこうした梁が似合います。

 

素地の木材は長い年月を経て少しずつ色がついてきます。

 

こうした経年変化を楽しめる空間でもあります。

 

梁の仕様は他にも丸太を使ったり、素地に淡い色を加えたりといろいろな対応がありますが、それはまた別の機会にご紹介させていただきます。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

10 October

待合

 

住宅の要素を用いる

 

病院の待合。少し緊張するスペースです。

 

 

地元で長年営業していると住宅以外でも新築や改修のご相談を受けることがあります。

 

地元の企業さんから事務所や倉庫など、また医療施設の設計施工も行うこともあります。

 

住宅とは用途が異なるので、タイトルにあるような住宅の要素を取り入れることはたくさんはないのですが、規模や仕様によっては用いることもあります。

 

例えば待合。

 

写真は病院などの待合の典型的な姿です。

 

以前動物病院の改修のご依頼があった折に人とペットの待合を作りました。

 

木のやさしい雰囲気の外部の待合。緊張感が和らぎます。

 

内部は椅子がならぶ一般的な待合としましたが、ペットの中には外で待った方が落ち着く場合もあるので、外部の待合も設置しました。

 

駐車場との兼ね合いでそれほど広い外部待合とはなりませんが、地元密着の病院らしい親しみのある雰囲気にしました。

 

まるで住宅の軒先のテラスのようですね。

 

軒裏も垂木を現し仕上げにし木の雰囲気をより強調して、優しい印象になりました。

 

ペットはもちろん連れて来る人にも住宅で寛いでいるようなほっとできる空間になりました。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ