愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

18 October

下が気になる

 

下の様子を確認

 

窓があると窓の外の様子が気になりますよね。

 

上階に窓があると遠くの景色を見るのはもちろんですが、窓下の様子も何とはなしに見てしまいます、

 

人の声やにぎやかな音楽などが聞こえてくると余計です。

 

人だけでなくワンちゃんも気になりますよね。

 

外部に面した窓だけでなく、室内に向けて設けた窓も何とはなしに下の様子が気になります。

 

そのために吹抜けに面した部屋には室内窓を設けるケースがとても多いです。

 

吹抜けに面した部屋には室内窓を設けます。

 

明かり採りや通風などの機能ももちろんですが、それはどちらかというと主の用途ではなく取り付けています。

 

部屋に籠っている時に家族の笑い声や大声が聞こえてくるととても気になりますよね。

 

そんな時部屋を出なくて「こっそり」下の様子を眺めることもできます。

 

また窓が開いていれば下の人が上の部屋の人を呼ぶ際に、わざわざ上階に上がらなくても下から声を掛けられます。

 

上からも下からもそれぞれの気配を感じることができます。

 

いろいろなシーンが想定されて楽しそうなので、いつも吹抜けに面した部屋には室内窓を設けるのです。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

17 October

4帖半

 

4帖半の和室のスタイル

 

リビングからバリアフリーでフラットにつながる和室。

 

2つの写真の和室はどちらも4帖半の大きさで、かつどちらもリビングに面しています。

 

畳のサイズが琉球畳かそうでないのかという仕様の違いの他に大きく異なるのが和室のレベルです。

 

上の和室はいわゆるバリアフリー仕様でリビングとフラットで仕上げています。

 

戸を開けるとリビングと一体に使えるのでフレキシブルな対応ができます。

 

またリビングとの段差がないので、ご自身が高齢になった時や高齢の親御さんと暮らす場合にはそのまま寝室としても利用できます。

 

一方下の写真は和室の床を上げたスタイル。

 

小上がりの和室。フラットな和室とは使い勝手が異なる。

 

床を上げた分その下は収納庫としても使えますが、それだけでなく部屋の意味付けにもなります。

 

御殿建築などでは上段の間として一段床が上がっている部屋はそれ以外の部屋とは格が異なって上位となります。

 

ここでもそうした意味合いで和室見ると特別感があります。

 

例えば大事なお客様をおもてなしする場として使う。

 

または家族で大切な話やお子さんのしつけにために話し聞かせる場として使う。

 

もちろん特別感を演出するには閉め切ることもできるようにします。

 

とは言っても和室の床に腰掛けてリビングと一体にという使い方の方が多いと思います。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

16 October

おいしゅうございました。

 

雨の茶室の表情

 

お茶室でのんびりいただくお抹茶は美味しい。

 

連休の最後の日、少し時間が出来たので年に何回も行くお気に入りのお茶室に行きました。

 

前日は台風一過の青空でしたが、この日は一転雨模様。

 

いつものようにこのお茶室のある地元のお茶とお菓子をいただきながら雨の景色を常連さんやスタッフの方とお話ししながら眺めていました。

 

和の建築やお庭は雨の日でも建物や木々がしっとり濡れて、それはそれで趣のある表情で見栄えがします。

 

葉の色の違う高低木たちも雨で活き活きとしているようにも見えます。

 

しっとり濡れた木々と建物の具合がとてもいい感じ。

 

どの季節もどんな天候でも(雨でも雪でも)それぞれに見栄えがするというのも和の要素がたくさんあるからでしょうね。

 

ここは公共の施設なので特に席が空いている限りはずっと座ってながめることができます。

 

またお庭を散策したり、小間の茶室建築を見学したりしてじっくり時間を過ごすことができます。

 

入場は無料で、お茶代も驚くほど安価で(消費増税でもお値段は据え置きでした)贅沢な時間をお値打ちに味わうことができます。

 

我が市には無いのが残念ですが、愛知県には多くの公共の立派なお茶室があるので時々利用しています。

 

皆さんもいかがですか?

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

15 October

玄関

 

玄関の正面の表情

 

モノトーンでまとめた玄関ホール。

 

モノトーンの玄関ホールの正面に細幅のアクセントを設けています。

 

よく見ると天井から続くデザインとなっています。

 

これはお客様のお兄様のデザインから生まれたものです。

 

このブログでもよく話題になる「アイストップ」(目線の先、焦点などの意味)になる壁がより強調されていますね。

 

さらにワンポイントのグリーンが効いていますね。

 

全体がシャープでクリーンな印象の玄関廻りです。

 

一方ナチュラルで柔らかい玄関まわりのアイストップの例もあります。

 

無垢の床や建具を用いた温かみのある玄関廻り。

 

ナチュラルで温かみのある玄関ホール。

 

正面にはデザイン壁(ご存じの方も増えてきました「エコカラット」です)を配しています。

 

周囲のプレーンな壁とは対照的に凹凸やパターンのあるピースの素材を組み合わせてより柔らかい印象を作り出しています。

 

夜にはこのアクセントを照らす照明(「ウォールウォッシャー」といいます)もあり、家族の帰宅や来客を優しく迎えることができます。

 

その家のデザインテイストによって使う素材やデザインも変わってきます。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

14 October

和風

 

和風の住宅の要素

 

和風住宅の和室。柱壁や天井に和の要素が施されています。

 

和風の住宅の室内空間もしっかり和の要素を取り入れて造ります。

 

特に和室は壁や柱、そして天井まで(天井にある照明のデザインまで)気を遣います。

 

モダンな住宅でも和室を設けることはありますが、柱は隠したり、壁や天井はシンプルに仕上げたりして、言うなれば「タタミの敷いてある洋室」風に仕上げることもおおくあります。

 

それに対して和風の住宅では柱を現しにして、壁は左官壁、天井は竿縁天井としています。

 

壁のライトグリーンというか和風に言うと「うぐいす色」と木の素地の明るい色がとても爽やかな印象の和室となっています。

 

こうすると付属のアイテムまでこだわりたくなるものです。

 

写真は玄関ホールにある収納。

 

和風住宅の玄関の様子。網代風の戸のある玄関収納が目立ちます。

 

下足入れとしてもスリッパなど上履きなどを置く場合にも使えるものです。

 

戸は引違いの框戸になっていて、鏡板(縁取り中にある一段沈んだ面の板のこと)には網代風のデザインがほどこされています。

 

和の雰囲気を上げるのに一役買っていますね。

 

落ち着きのある和の建物はお客さまの年代に関わることなく一定の支持があります。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています

施工事例

ページトップ