愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

継手

 

継手や仕口の美しさ

 

おはようございます。

 

電車やバス移動をする時や、多数が来場する展示会などに行くときにはマスクは必携となってきましたね。

 

私ももちろんマスクをして外出しています。

 

さてそんな中、先日展覧会にいってきました。

 

毎年この時期に名古屋の産業技術記念館で行われる竹中大工道具館の企画展示です。

 

今年のテーマは「木組みを分解してみました」です。

 

会場では様々な木組みの方法が所狭しと並べてあり、中には錦帯橋のモデル展示や実物大の継手などもあり、どれも見応えのあるものでした。

 

古代から現代までの継手の変遷

 

例えば上の写真。

 

古代から現代までの木の継手(これは「鎌継ぎ」と言います)の変遷を実寸のカットサンプルで展示してありました。

 

最近まで基本の継ぎ方は大きく変わっていませんが、最後のサンプルにある金具継手は大きな変化と言えます。

 

どの時代も木の連続性と構造強度を考えた木の組合せとなっています。

 

また下の写真の実物大の四方差しの木組みのモデルでは、大規模な寺社建築を支えるためにはある程度の柱のサイズがないと断面欠損の影響もあることをわかりやすく展示してありました。

 

四方差しの実物大モデル

 

しかしながら写真のような緻密な木組みをすると、欠損の影響はなく、「剛接合」とまではいかないまでも、かなりの強度のある接合となっているように思えました。

 

30分ほどの映像もあり、小さな会場でしたがとても長い時間楽しく過ごすことができました。

 

これが無料で見られるなんてとてもありがたいです。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

2月22日(土)・23日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ