愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

玄関の戸

 

玄関の戸を選択

 

おはようございます。

 

昨日の寒い中での節分のご奉仕活動は早朝から夜まででしたので、なかなか大変でした。

 

その後家に帰ってから例年行う豆まきをしました。

 

我が家では各部屋に家族で「福は内」で豆をまき、最後に玄関ドアを開けて「鬼は外」で豆をまくのとほぼ同時に邪気が入らないようにドアを素早く閉めます。

 

私の家では私が子どもの頃から行っていたので、これがスタンダードだと思っているのですが、皆さんのお宅ではどのような豆まきをするのでしょうか?

 

さて今日は「鬼は外」の舞台の玄関の戸についてです。

 

和風住宅に合う玄関引戸。

 

和風の住宅では玄関の戸は引戸が多く、それ以外のお宅ではドアというのが普通でした。

 

昔の引戸は建具屋さんが作った木製で、カギもねじ込み式のものもありました。室内からしか鍵がかかけられないものもあって、防犯には問題がありました。

 

田舎では昼間鍵をかけずに留守にしても大丈夫な時代がありました(私の子どもの頃がそうでした)。

 

その後鍵や戸自体の性能も進化して和風住宅だけでなく、モダンな住宅にも合う玄関引戸も多くなり、デザインのテイストに合った選択ができるようになりました。

 

今デザインを進めている玄関の戸も最初はドアでしたが、使い勝手を考慮して引戸に変更して計画しています。

 

玄関の戸もこのようにいろいろな検討ができるようになったのはいいですね。

 

玄関ドアは引戸より気密性が高いので、高断熱高気密住宅に用います。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

2月22日(土)・23日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ