愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

二方向

 

二方向に開いた開放的な和室

 

おはようございます。

 

昨日は寝室の床を畳にして和室仕様にするお話しでした。

 

今日はリビング空間につながる和室についてです。

 

リビングに接した開放的な和室。

 

間取りのご要望をお聞きすると、コンパクトでもいいから和室が欲しいというご希望は多いです。

 

ウエスタンスタイルに慣れている方、幼少期から和室のない生活をされていた方を除いて、やはり畳のスペースがあるだけで何となく安心するのは長い間畳の生活で慣れ親しんできたという先祖からのDNAの影響だからでしょうか?

 

敷地の形やいろいろな条件で和室が設けられる位置は様々ですが、リビングと接する和室は出来るだけ一体感と解放感がある方がいいですね。

 

お子さんが和室で座ってお遊びをするケースやお昼寝をするケース。小さいお子さんが病気の場合でも子ども部屋で寝かせるというよりは家族のいる近くで寝かせる方が安心です。

 

解放的なので、家族から和室の様子がよくわかりますから。

 

お子さんだけでなく、大人も寝転がったりストレッチしたりするのはやはり床からの反力が優しい畳がいいので和室があると便利です。

 

二方向に開放している和室も上の写真のように引込みの戸があると閉じた空間にもなるので、来客の宿泊などにも対応できます。

 

解放的ながら奥まった場所にある少し落ち着いた和室。

 

また引戸がなく二方向オープンな和室でも下の写真のように奥まったところにあると、やや落ち着いた空間にもなります。

 

オープンで家族の声や気配も感じられるので、落ち着きすぎるあまり寝すぎて忘れ去られることもありませんね。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

1月25日(土)・26日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ