愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

「冬の発見×体感フェア」開催中


フェア期間中、モデルハウスや見学会など

イベント会場にご来場いただきましたお客様にアンケートをお願いします。

アンケートに回答下さったみなさまから

抽選で10名様に “バルミューダ The Toaster” をプレゼント!!

家中どこでも温度差が少なく、

エアコンに頼り過ぎない自然な暖かさを、四季彩館で体感してみて下さい。

2月22日・23日は「健康な家づくり」無料相談会です。

本当の住みごこちはカタログや展示モデルハウスだけでは、決して知ることができません。

住みごこちに関する家の性能は、実際に家族で生活してこそわかるものだと思います。体感ハウス四季彩館はこの時期だからこそ、体感出来るここち良さがあります。是非お気軽にお越し下さい。

健康な家づくり無料相談会 開催日:2月22日(土)・2月23日(日)両日10時~17時

屋根裏へ

 

屋根裏へのアプローチは階段

 

おはようございます。

 

外断熱の住宅を造ると、壁はもちろん基礎や屋根も外断熱になります。

 

グラスウールなどの充填断熱系では断熱は屋根ではなく、天井に設けます。

 

それゆえに充填断熱の家では屋根裏の空間を設けても、断熱がされていない空間となるのでちょっとした物置にはできますが、長時間の滞在には不向きです。

 

一方屋根に断熱をした住宅では屋根裏空間も基本的には普通の部屋と同じ温熱環境下にあるので、居室的な使い方ができます。

 

屋根裏部屋に行くための固定階段

 

そうした使い方を考えると、屋根裏空間へはハシゴではなく写真のような固定の階段を設けた方が使い勝手がよくなります。

 

荷物を運ぶのも固定階段であれば安定しています。

 

この設計事例では階段を上がって行くと広い空間が現れます。

 

広くて快適な屋根裏空間からはお城が見える。

 

法的な制限があり高さが抑えられているのですが、窮屈さを感じません。

 

こちらのお宅の屋根裏部屋からはお城を見ることができます。

 

春には桜の並木をバックに綺麗なお城を見ながら日がな一日過ごすのも贅沢ですね。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

1月25日(土)・26日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ