愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

採光

 

階段室と光の関係

 

直接の採光が取りにくい階段室でも廊下の先や部屋の窓から工夫して光を採り入れる。

 

階段の設計についてはこのブログでも書きましたが、一般の方が考えると他の部屋と比べてなかなか難易度が高いものになります。

 

階段の位置によっては各部屋に至る廊下が長くなったり、使いづらくなったりします。

 

また日中の上り下りの際にはできるだけ照明を点けなくてもいいように配慮します。

 

しかしながら敷地や部屋の配置の関係で直接階段室に窓が確保できないこともあります。

 

その場合は廊下の側で出来るだけ窓を確保したり、採光の取れる部屋の壁に窓を開けて少しでも明るさを確保します。

 

写真の右側にある窓もその一つで廊下からは直接部屋が見られないように高い位置に設置しています。

 

逆に階段室が道路や公園などの空地に面している場合には、窓の前には遮るものがないためにたくさんの採光が期待できます。

 

階段室から入るたくさんの光を部屋に採り入れることもできます。

 

道路に面して階段が配置できると光を遮るものがないので明るい。

 

写真の左右の窓がそれです。

 

階段室の窓や部屋の窓は引違いになっているために、採光だけでなく通風もできる便利な窓になっています。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ