愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

4帖半

 

4帖半の和室のスタイル

 

リビングからバリアフリーでフラットにつながる和室。

 

2つの写真の和室はどちらも4帖半の大きさで、かつどちらもリビングに面しています。

 

畳のサイズが琉球畳かそうでないのかという仕様の違いの他に大きく異なるのが和室のレベルです。

 

上の和室はいわゆるバリアフリー仕様でリビングとフラットで仕上げています。

 

戸を開けるとリビングと一体に使えるのでフレキシブルな対応ができます。

 

またリビングとの段差がないので、ご自身が高齢になった時や高齢の親御さんと暮らす場合にはそのまま寝室としても利用できます。

 

一方下の写真は和室の床を上げたスタイル。

 

小上がりの和室。フラットな和室とは使い勝手が異なる。

 

床を上げた分その下は収納庫としても使えますが、それだけでなく部屋の意味付けにもなります。

 

御殿建築などでは上段の間として一段床が上がっている部屋はそれ以外の部屋とは格が異なって上位となります。

 

ここでもそうした意味合いで和室見ると特別感があります。

 

例えば大事なお客様をおもてなしする場として使う。

 

または家族で大切な話やお子さんのしつけにために話し聞かせる場として使う。

 

もちろん特別感を演出するには閉め切ることもできるようにします。

 

とは言っても和室の床に腰掛けてリビングと一体にという使い方の方が多いと思います。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ