愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

3階建て

 

3階建ての住宅のスタイル

 

平屋や2階建てが多く建つ住宅地に建つ3階建て住宅。

 

敷地の大きさに対して、希望する住宅の規模が大きかったり、部屋数が多かったりすると2階建てでは収まり切れない場合があります。

 

そうした場合に3階建てで設計することになります。

 

特に都市部などなかなか手ごろな土地が出なくて、間口が狭かったり、土地がコンパクトだったりする場合にこうした状況になります。

 

住宅地で3階建てを建てる場合に、周辺の環境を考えることもします。

 

周囲に3階建てや高層の建物が多くある都市部などは高さに対する違和感がないのでそれほど問題ではないのですが、平屋や2階建ての住宅が多い地域では色や建物の形状、配置など一定の配慮が必要な場合があります。

 

また高さの配慮から屋根の形状も工夫します。

 

しかしながら高さを抑えると周囲への配慮はできますが、自身の住宅の天井が低くなって圧迫感が出るのではいけません。

 

一つの方法としては、最上階の天井を屋根勾配なりに斜めにすることです。

 

子ども部屋の天井を見上げる。勾配屋根のトップを軸にシンメトリーになっています。

少し前に紹介した写真ですね。

 

平らな天井にすると1階や2階と比べて低くなるのですが、こうすることでより開放的な部屋になります。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

9月28日(土)・29日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

 

「夏の発見×体感フェア」 https//www.daisei-kensetsu.co.jp/index.html

平屋住宅

 

平屋の住宅用の土地

 

平屋の住宅の関心が高まっています。土地からの家づくりには注意するポイントがあります。

 

数年前から平屋住宅への関心が高まっています。

 

当社のホームページにも平屋の事例がありますが、他のお宅の事例に比べてアクセス数が多くなっています。

 

資料を請求される方や相談される方の中にも「平屋住宅を検討しています」というコメントを書いて下さる方もいます。

 

以前は建物の坪数や部屋数、コストを伝えてこられる方はいましたが、建物の形を「平屋」と指定されるのは最近の関心の高さを反映していますね。

 

平屋を検討される方の中で土地を探してからの家づくりの方も多いです。

 

ここでポイントとなるのがその土地の大きさ。

 

2階建てや3階建ての住宅を建てる感覚で土地の大きさを考えると、平屋では希望の間取りが実現できない可能性も出てきます。

 

小家族であるなら実現できるかも知れませんが、ある程度の部屋数を確保したい場合にはあまりコンパクトな土地では間取りが出来ないのです。

 

また、駐車場やお庭も確保するとなると、その分も余裕を持って土地を選ぶ必要があります。

 

平屋住宅は2階や3階建ての住宅より平面の面積を必要とします。

 

そこで普通とは違った家づくりのアプローチをすることもあります。

 

土地から探すのではなくて、最初に理想の平屋の希望を伝えてその希望のプランニングをする。

 

そしてその間取りが実現できる土地の大きさや、形状までも想定しておくのです。

 

土地のエリアが決まっている場合は地域の法規制も考慮しながら、より精度の高い土地を想定することができます。

 

そうすることで平屋住宅を実現できる土地を見つけやすくなります。

 

こうした相談もいつでもしてくださいね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

9月28日(土)・29日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

 

「夏の発見×体感フェア」 https//www.daisei-kensetsu.co.jp/index.html

ちょい足し

 

「ちょい足し」の技法で飾る

 

パキラの鉢に「D」の文字が!

 

「ちょい足し」!

 

料理で最後の味を決める時にも使う言葉ですね。

 

ほんの少しの量でも調味料などをちょいと足すことによって味が引き締まったり、まろやかになったりします。

 

料理の得意な方はそうした「ちょい足し」の勘所が自然と身についていて、目分量で料理を決められると言います。

 

建築やインテイリアでもこの「ちょい足し」の技法は使えます。

 

例えば観葉植物。

 

写真のパキラにもちょい足しをしています。そうです!「D」の文字!

 

会社のDAISEIのDをちょい足しにしてらしさを演出しています。

 

会社の応接間に置いて「それとなく」主張しているので気付く人は少ないかも知れませんね。

 

Aの文字の後ろに注目!!

 

自社の事例が続いて恐縮ですが、この写真もちょい足しを使って飾り付けをしています。

 

少しわかりにくいかも知れませんが、「DAISEI」の「A」の後ろに足してあります。

 

Aの後ろにはエッフェル塔のオブジェが飾ってあります。

 

よく見るとシルエットが「A」に見えませんか?

 

Aをレイヤードして飾ってあるのです。

 

今回は主張し過ぎない「ちょい足し」の事例を紹介しました。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

 

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

9月28日(土)・29日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

 

「夏の発見×体感フェア」 https//www.daisei-kensetsu.co.jp/index.html

玄関ドア

 

玄関のドアの表情

 

玄関ドアの表情もいろいろです。

 

玄関ドアを製作しているメーカーはいろいろあり、そのメーカーでも様々なデザインや色、そして機能があります。

 

どのくらいの種類があるのか気になってあるメーカーのカタログで調べてみました。

 

なんと85種類もありました!!

 

これはそのメーカーのあるシリーズで片開きのドアのデザインだけをカウントしたもの。

 

それだけでもこの数があります。驚きですね。

 

片開き以外の開閉種類もあり、また色やハンドルや鍵の種類などの組合せを考えると、その数は気の遠くなるほどです。

 

お客様にもいきなり85種類から選んでいただくのは大変なので、家全体のテイストやカラーなどを考慮していくつか絞り込んでご提案します。

 

やはり家の中で毎日開け閉めする建具の一つで、その中でも相当使用頻度が高く、またその家の顔とも言える部分ですので、しっかり選んでいただきます。

 

デザインや色だけでなくハンドルや鍵の種類もたくさんの選択肢があります。

 

ドアをその家のためにデザインされたものをオーダーして取り付けるケースもありますが、メーカーの製品でもこうして選んだものはたくさんの組み合わせの中の一つなので、個性も生じてきます。

 

玄関の開け閉めをする度に選んだ当時のことを思い出していただけると幸いです。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

9月28日(土)・29日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

 

「夏の発見×体感フェア」 https//www.daisei-kensetsu.co.jp/index.html

シンメトリー

 

見上げてシンメトリーを感じる

 

子ども部屋の天井を見上げる。勾配屋根のトップを軸にシンメトリーになっています。

 

振り返って見上げると部屋の形が中央の梁を境にシンメトリーになっていることに気づきます。

 

この部屋は子ども部屋で将来2つの部屋に分けられるようにドアやクローゼットもそれぞれ設けています。

 

3階建ての最上階で高さの制限もあってこの階は普通に天井を張ると床から天井までの高さが少し低くなりそうだったので、屋根の勾配に合わせて天井も斜めにしました。

 

ちょうどいい具合にその斜めの天井のトップのところが対称軸になって左右がシンメトリーになっています。

 

ドアやクローゼットだけでなく、部屋の大きさも、反対側のサッシも同じなので将来どちらの部屋を取るのかで悩んだり喧嘩したりすることがないですね。

 

一方吹抜けのシンメトリー。

 

吹抜けを見上げるとシンメトリーになっています。

 

特にこちらは見上げないとシンメトリー具合が分からない空間。

 

3つのモジュールに3つの窓を設けて、中間に2本の梁を設ける。

 

ちょうど真ん中の窓のセンターが対称軸になっています。

 

こうした空間を作る時は、「あえて」しっかり対称になるようにアイテムの位置や数を揃えると空間が引き締まります。

 

ただ家具や調度品も軸に沿ったりしてきちんと並べると、空間としてはちょっと緊張感が高くなります。

 

学校や公共の施設ならそれもいいのですが、住宅では普段でも肩がこりそうですね。

 

そこで家具などは「あえて」シンメトリーや整列させるのではなく「アシンメトリー」とすると却って落ち着く空間になります。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

9月28日(土)・29日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

 

「夏の発見×体感フェア」 https//www.daisei-kensetsu.co.jp/index.html

施工事例

ページトップ