愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

雨水利用

 

梅雨の時期でもプラス思考で

 

今年は例年に比べて梅雨明けの時期が少し遅れそうです。

 

この地域では雨量はそれほど多くないのですが、梅雨が長引くのはなんとなく憂鬱な感じですね。

 

そんな雨もただ濡れるだけでなく、利用しようというエコな考えはずいぶん前から住宅でも採用されています。

 

当社のショールームの一角に設けた雨水利用タンク。

 

写真は当社のショールームの一角にある雨水タンクです。

 

雨樋と直結していて下には蛇口が付いています。

 

このように密閉性が高いので、ボウフラなどの虫が入り込むこともありません。

 

このサイズで200Lは溜めることができるので、お庭の水遣りなどには十分です。

 

今ではこの雨水タンクはいろいろなメーカーから販売されているのでデザインや用途にあった選択も可能です。

 

こうした方法の他に、郊外の地域ならではの雨水利用の方法があります。

 

それは浄化槽の雨水タンクへの転用です。

 

会社のある北名古屋市では順次下水道の整備が行われています。

 

整備前は各家庭に浄化槽が埋まっていて、個別の汚水処理をしていました。

 

下水が整備されるとこの浄化槽が不要となります。

 

そこで浄化槽をきれいにしてから雨水タンクとして再利用するのです。

 

最初に紹介したタンクをはるかに上回る容量があるので、お庭の広いお宅ではとても重宝します。

 

梅雨が明けると、水不足から節水を呼び掛けることもあるでしょう。

 

そうした時にもこのような雨水利用を考えると、遠慮しないで庭の水遣りを行えますね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ