愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

手を洗う

 

どこで手を洗う?

 

皆さんのお宅ではお子さんとか家族はどこで手を洗いますか?

 

洗面化粧台でしょうか?

 

家族はキッチンで手を洗うこともありますよね?

 

それとも手っ取り早くキッチンで洗うのでしょうか?

 

家族が手を洗う分にはどちらでもいいという方も多いのではないでしょうか?

 

それでは来客に手を洗ってもらう時にどこを使いますか?

 

住宅には洗面脱衣室というスペースがあるので、そこにある洗面化粧台で手を洗うことになるでしょう。

 

しかしながらこの「洗面脱衣」というコンパクトで機能性の高い空間はお客様に使ってもらうにはちょっと気になる空間でもあります。

 

脱衣・洗濯という家族にとってプライベートな行為をする空間が洗面の隣にあるのです。

 

洗面化粧台と洗濯機が一つのスペースに収まる例。

 

写真のような関係ですね。

 

洗濯機廻りが絶えず片付いていればよいのかもしれませんが、なかなかそうはいきません。

 

そこで、来客には手洗いの替わりにお手拭きで対応しているお宅もあります。

 

こうすると洗面脱衣室にお客さまが入ることはないので、片付いていなくても大丈夫です。

 

このようにお手拭きで対応する他に間取りで対応するケースもあります。

 

それは脱衣・洗濯の部屋と洗面の部屋を分けるということです。

 

脱衣・洗濯の部屋は引戸などで間仕切っておけば、気になりません。

 

洗面が独立することによって、スペースをおしゃれに飾ったりしてお客さまに積極的にお見せできる空間にもなります。

 

2階の手洗いは自由度があります。

 

2階の手洗いスペースはシンプルに造ったりして自由度があります。

 

「手を洗う」という機能に特化すると写真にある2階の手洗いのようにシンプルにまとめることも出来るかもしれません。

 

いずれにしても手洗い、洗面、脱衣、洗濯といくつかの行為や機能が集中する場所なので、それぞれのお宅の暮らし方をしっかり考えて設計する必要がありますね。

 

そういえば最近のプランニングの傾向も洗面台と脱衣・洗濯の部屋を分けて提案するケースが多くなってきました。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ