愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

床座

リビング+ダイニングに床座

昨日に続いてリビングにソファを置かないケースです。

キッチンとリビングダイニングが直線状につながっている場合、対面キッチンにダイニングテーブルをくっつけて、少し離してリビングのソファ、テーブル、テレビ台というレイアウトになるのが普通です。

こうした条件でキッチンとテレビ台は残して、あとは床座を選択するとどういった感じになるでしょう。

写真はそうした床座の例です。キッチンとテレビ台の間に大きなテーブルを置いて床座できるようにカーペットを敷いています。

食卓にもなりますし、座ってゆっくり寛いだり、テレビを観たりすることができます。

また大きなテーブルなので家族以外のお客様が来てもある程度の人数なら対応も可能です。

こうしてとてもフレキシブルな使い方ができるようにうまく考えて床座を選択しています。

床座といっても選定する家具やアイテムによっては、「和」っぽくなくて、リビングにも自然と馴染んでいます。

さらにこのお宅は1階と2階の間に半階の空間を挟んでいる2.5階建てになっています。

リビングダイニング空間の天井が高く開放的で、なおかつテレビ台の後ろには半階ステップアップするとセカンドリビングが配置してあり、そちらでも寛ぐことが出来るようにプランニングしました。

リビングのソファを持て余している方に参考になれば幸いです。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ