愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

景観

横浜の都市の景観

今日も3月の初めに建材メーカーさんの大会が横浜のみなとみらい地区であったので行ったときの記事を書きます。

みなとみらい地区での宿泊は実に20年ぶりでした。当時は所属する団体の全国大会のような催しがあって宿泊したホテルも偶然同じでした。

当時を思い出しながら部屋からの眺めを確認すると、かなり様変わりしている様子でした。

みなとみらい地区は三菱系会社の開発が主に進められてきたと記憶しています。

20~30代に東京で仕事をしていた頃は三井系の会社に所属していたので、この地区の開発は概要は知っていたのですが、その関係性から実際に開発に携わったことはありませんでした。

当時は空き地が多かったようですが、商業系の施設もたくさん建って街のボリュームも大きくなっています。

また遠くには建設中のビルが何棟もあって、東京圏の活発な建設活動がうかがえます。

10年ひと昔と言いますが、20年も経つと本当に別の都市にでも来たような感覚にもなります。

昨日も書いたとおり少し時間があって付近を散策みて、高層からの眺めと、実際に歩いてヒューマンスケールでの街の様子を確認してみました。

そこで感じたのですが、やはり一つの街区が大きくてその街区の中には様々な設えもあり街区内にいる時には感じないのですが、街区間を移動する際にはとても退屈な感じがしました。

道路も広く歩道も整備されているのですが、何となく味気ない感じがします。

そもそも「散策」という事ではなくて、一つの施設にどれだけ長く滞在するかを主に考えたまちづくりなのでしょうか。

各施設ともそれぞれで駐車場のスペースは充実しているようでした。それゆえに車でのアクセスはそうしたことは感じないのでしょうか。

なにか「大味感」が気になる散策でした。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ