愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

ヒノキのファサード

ファサードにヒノキの吹き寄せ

日曜日に行った「ふじのくに茶の都ミュージアム」の正面アプローチ側には県産材(木肌からヒノキと思われる)を使用して「吹き寄せ」壁をファザードにしています。

この「吹き寄せ」という用語は建築用語で、材料を数本ずつ間隔を詰めて配置して並べるというもので、障子のデザインにも使われる用語です。

和の繊細さを表しているような使い方です。

施設のロゴにもこの「吹き寄せ」が使われていて統一感が見て取れます。

これがロゴで、下に茶畑を配置し、富士山を吹き寄せ柄で重ねるという地域とお茶の施設と和の施設というイメージを表現しています。

壁の吹き寄せを見ると、一本毎の材料は見付け巾が見込み幅より狭くて繊細な感じを出しています。

また背後のマッシブで大きな建物をシルエットでカバーし圧迫感を抑える役目も持っています。

材料の止付けのディテールもよく考えられています。

少し気になったのはこの季節は特に乾燥して材が収縮するので、「遊び」が生じていて風が吹くと「カタカタ」と音がすることです。

この日も少し風があり、音がしていました。それほど強い風ではないので、「カタカタ」音も耳障りのいい感じでしたが、強風の時にはどんな感じに聞こえるのでしょうか?

あまり大きな音がすると近隣から何か言われはしないかと、気になるのは職業柄でしょうね。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」。

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ