愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

欄間

間仕切りの壁に欄間障子

和風建築の和室の間仕切り壁の垂れ壁に欄間障子が付いています。よく見るとその先の縁側に至る和室の欄間にも障子が付いています。

格式のある和室を見学させていただく時などには欄間に立派な彫り物を見かけることもあります。

植物や景色などをモチーフにした彫り物などは思わず息をのむこともあります。

欄間の位置も和室同士の間仕切りに設ける場合と縁側と和室を仕切る壁に設ける場合もあります。

同じ欄間に設ける障子でも意味合いが異なると考えました。

写真を見ると縁側に面した欄間は外部に接する位置にあるので採光と換気の機能を併せ持っているようです。

戸を閉めても欄間障子から明かりがもれてくる、欄間障子を開けると換気もできる。

それに引き換え和室同士では採光や換気の機能はそれほど重視されません。

この写真でも縁側に設ける欄間障子より大きさはとても小さくできています。

代わりに障子のはまる開口に意匠を施しています。庭の低木のイメージでしょうか、あるいは山々のシルエットでしょうか。

採光や換気より意匠を愛でるという安らぎの機能があるようです。

今日のブログは自分なりの解釈で書いてみました。専門家からは突っ込まれるのかも知れませんけど・・・。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

12月22日(土)・23日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ