愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

見通し

リビングとダイニングキッチンの角度

 

昔の家では「台所」つまりダイニングキッチンと「居間」リビングを分けた間取りも多かったです。

 

小さい頃の我が家でもそうした間取りで、台所は板の間で居間として使っていた部屋は畳の間でカーペットを敷いていた記憶があります。

 

最近ではほとんどの住宅でリビングダイニングキッチン(LDK)を一体化するプランニングを行っています。

 

LDKがつながることで広々とした印象になることや、対面キッチンやペニンシュラ型のキッチンから全体を見渡せるという家事をする上でも使いやすい間取りとなっています。

 

こうしたことから一体化したLDKが支持されているのでしょうね。

一方で一体感を持ちつつリビングで寛いだり、落ち着いて調理や家事をしたいというご要望もあります。

 

そこでリビングとダイニングキッチンとは空間はつながっていながらも、少しつながる位置をずらして配置してみるとそれぞれが独立して機能できる間取りになります。

 

 

昔のように完全に別の部屋として作ると家族みんなの気配がそれぞれの部屋からは感じられないのですが、こうすることで家族の様子を感じつつもそれぞれがおちついて目的の行動ができる。

 

これも一体化したLDKの一つの形です。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ
会社の電話番号は 0568-23-9121

11月23日(祝)・24日(土)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC
大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ