愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

「四季彩館」にて設計相談会を開催します。


 

開催日:10月27日(土)・28日(日)両日10時~17時

本当の住みごこちは、カタログや展示モデルハウスだけでは、決して知ることができません。

住みごこちに関する家の性能は、実際に家族で生活してこそ、わかるものだと思います。

体感ハウス四季彩館はこの時期だからこそ、体感出来るここち良さがあります。

是非お気軽にお越し下さい。

ロフトへのアプローチ

屋根裏のロフトは階段で

 

2階建ての住宅の屋根裏にロフトを設けてみました。いろいろな制約があるので、3階建てではなく、2階建て+ロフトという構成の建物です。

 

階数に算入されないためには面積や高さ等の決まり事があるのですが、天井の高さが1m40センチ以下にしなければならないことが一番空間に影響があります。

 

それでも座ってみれば低い天井も落ち着いた感じでとても居心地のいい空間となります。

 

特にこのお宅のロフトからは名古屋城が正面に見えるので、利用価値が高いのです。

利用価値が高く、ここに行く頻度が多ければ、ロフトへのアプローチも固定の階段を使うのが便利です。

 

ロフトへのアプローチで固定階段ではなく収納式のハシゴを設けるケースもありますが、こうすると屋根裏空間は専ら物置として使うことになります。

 

積極的にロフトを使うとしたら、寛ぎの空間、景色を楽しむ空間、ライブラリーなどなど。

いろいろな用途が考えられます。考えるだけでワクワクします。

 

階段の位置や屋根の形状や他の制約によっては設けることが難しいケースもありますが、作りたい空間ですね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ
会社の電話番号は 0568-23-9121

10月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」。
大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ