愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

30 January

子育て世代

 

子育て世代の間取りのポイント

 

おはようございます。

 

当社では小さなお子さんをこれから育てる世代のお客さまの住宅を建てるケースが多くあります。今日はそのお話しです。

 

家事の中心になるキッチンからお子さんの様子がよくわかります。

 

お子さんのいる家庭では家づくりと子育ては切り離せない関係にあります。家づくりのためには「こんな暮らしがしてみたい」という夢が必要と書きましたが、さらに「このように育ってほしい」という希望も必要でしょう。

 

そこで子育て世代の家づくりのいくつかのポイントのうち、代表的な2つのポイントを紹介します。

 

いつもお子さんの姿や気配がわかるようにとリビングアップの階段や時には吹抜けを希望される方も多く、当社でもそうした間取りを多く作ります。

 

キッチンを中心とした家事をしながらお子さんを優しく見守りたいという考えです。

 

この場合1階と2階がつながるので温熱環境への配慮が必要となります。

 

吹抜けを通じて2階の様子がよくわかります。

 

家の断熱性能が大切になるという事です。

 

また子ども部屋のあり方、特に部屋同士の間仕切りについても話題になります。

 

お子さんは幼児期から自我が芽生え、それを形成してその後自立へと育っていきます。

 

子ども部屋もお子さんの年齢によって使い方が異なってくるので、部屋のあり方も同様に変化することを考える必要があります。

 

性別や年代そして「どのように育ってほしいか」などによって間仕切りのあり方は変わってきます。

 

雑誌には間仕切りがない部屋が多いからそうする、という決め方はしないことです。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

2月22日(土)・23日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

29 January

二世帯住宅

 

二世帯の住宅計画のポイント

 

おはようございます。

 

上下で別れる二世帯住宅

 

当社では二世帯の住宅を建てるケースもあります。今日はそのお話しです。

 

親世帯と子世帯が一緒に暮らす二世帯同居を住宅で実現したものが、いわゆる「二世帯住宅」です。しかしながら一言で「二世帯住宅」といってもそのスタイルはいろいろです。

 

まずは同居のスタイルです。子世帯は息子夫婦か娘夫婦かによっても条件が変わってきます。

 

またそれぞれのライフスタイルが違えばそれに対応する間取りなどの配慮も必要です。

 

さらにそれに関連して同じ玄関や設備を使う形態か一部あるいは全部を分離するか。

 

また子世帯の家族構成やそのお子さん(親世帯からするとお孫さん)の数や年齢などによっても間取りや設備の配慮が必要になってきます。

 

なにより大切なのはお互いがそれぞれの家族の本音や「こんな暮らしがしてみたい」という希望を聞くことです。

 

親世帯は良かれと思って考えた間取りでも子世帯ではNGとなること、またその逆もあるでしょう。

 

世帯それぞれのまとめ役は必要かもしれませんが住宅会社がその役を担うこともできます。

 

二世帯住宅では建てる時に資金や融資の点や完成後に建物の登記や税金など、単世帯に比べて多く考慮すべき点もあります。

 

こうしたことも含めて計画にあたってしっかりお話しをしていくことで理想のスタイルの二世帯住宅が出来上がるのです。

 

昨日も載せた下の写真は実は2世帯住宅となっています。よく見ると横のスリットの入った木目の玄関ドアとその左にもう一つグレー玄関ドアがあります。

 

平屋に見えるが実は2階建ての二世帯住宅

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

2月22日(土)・23日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

28 January

平屋

平屋の住宅計画のポイント

 

おはようございます。

 

平屋住宅の事例。ネイビーにイエローの差し色が素敵

 

数年前から「平屋住宅」が話題になっています。

 

お子さんが巣立って小家族となった家の建替えで、部屋数がそれほど必要なく、老後に階段の上り下りをしなくて済む平屋住宅は以前から当社でも建ててきました。

 

最近ではこうした熟年世帯の建替えだけでなく、若い世帯で最初から平屋で家を建てたいという方も多くなってきました。階段による上下移動がなく家事も楽になる、また将来年を重ねてもストレスなく暮らせるといったことなどが人気の理由です。

 

また欧米では新築から建替えまでの期間は50~80年と長期間一つの家を大切に暮らしています。

 

これに対して以前は若い頃建てた家を30年くらいで建て替えるというスタイルが多かった日本の家も最近では長寿命になってきたことも要因だと思います。

 

人気の平屋住宅では階段は不要となりますが、すべて1階にあるので同じ面積の2階建ての住宅より1階の面積が必要となります。

 

2階建てでは収まっていた土地が平屋を建てるとなると土地の面積が不足するといったことも注意しなければなりません。

 

土地さがしから家づくりをする方はこの点要注意で、2階建てを建てるより広い敷地が必要となります。土地の広い分購入費用もアップします。

 

また同じ面積ですと2階建ての住宅よりコストが高くなることも知っておく必要があります。費用の掛かる基礎や屋根部分の面積が2階建ての倍ほどの面積になるからです。

 

こうした点をきちんと知って、理想の暮らしができる平屋を計画したいですね。

 

下の写真、外観上は平屋に見えますが、高さを工夫したり屋根の勾配を工夫したりして2階建てになっています。

 

平屋に見えるが実は2階建て

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

2月22日(土)・23日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

27 January

アクセントカラー

 

部屋の一面にアクセント

 

おはようございます。

 

毎日過ごしている自室や家族と一緒にいることの多いリビングやダイニング。

 

普段はあまり部屋の壁や天井の色などを気にすることはありません。

 

仕事柄お客様のお宅のインテリアのテイストを考える時に、自宅の内装の色決めの頃のことを思い出したり、現在の様子を見直したりすることがあります。

 

またこれまでのお客さまのお宅での事例も振り返ることもしながら、新しい提案につなげていきます。

 

和室の付き当たりの壁にアクセントカラー

 

最近は部屋の一面にアクセントカラーを配することを提案することが多いです。

 

リビングなど家具が多く置かれる部屋はカラーを多用すると「ごちゃごちゃ」することもあり、後に模様替えの妨げになることもあるので、専ら個室やトイレにアクセントカラーの提案をしています。

 

最近は和室でもこうした提案をすることもあります。

 

和室は比較的家具や備品の少ないお部屋。

 

またリビングや他の部屋に比べて壁にもあまり飾り付けをしないので、アクセントを設けてもこれらと干渉することなくしっかり個性を発揮できます。

 

そのほか個室やトイレは思い切り個性を出せる場として、色や柄でのアクセントで冒険することも多いです。

トイレの内装は個性が発揮しやすい

 

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

2月22日(土)・23日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

26 January

子ども部屋

 

子ども部屋の仕切りを無くす

 

おはようございます。

 

ここのところ曇りや雨の日が続き、今後も雨の予報が続いています。

 

それでも最低気温がそれほど低くはならないようで、この地域では雪が降らない記録の更新が続いています。

 

雨や雪の日には小さなお子さんの遊び場のメインは家ということになります。

 

子ども部屋を仕切って設ける場合には部屋でのスペースは限りがあります。

 

子ども部屋の仕切りを無くした平屋の提案

 

お子さんが小さなうちはこの仕切り壁を無くした間取りを提案することがあります。

 

仕切りが無い分でスペースが廊下やホール、画像のような平屋の場合ではリビングダイニングまで活動の場が広がります。

 

仕切り壁やドアが無い分、お子さんを見守る立場からも安心ですね。

 

下の写真のように2階のホールにお子さん用のライブラリーを設けて本を読んだり、お友達と遊んだりできるスペースは、ある程度成長したお子さんにとっても有効に使えるスペースとなります。

 

階段を上った広いホールがお子さんのライブラリー

 

さらに成長すると家族用のライブラリーやセカンドリビングにもなりますね。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

1月25日(土)・26日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ