愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

07 November

足元

 

数寄屋建築の足元を見る

 

茶庭に佇む数寄屋建築

 

公共の建物でお茶会や和の行事に使われる数寄屋建築の施設です。

 

軒先が深く落ち着いた佇まいで、茶庭の木々や苔、石や灯篭などとの相性もとてもいい感じです。

 

足元を見ると、犬走りの上に置いた石の上に束立てをしているのでとても軽やかな印象です。

 

古い建物はこうした束石に建物を載せるスタイルでした。またしっかり足固めをして地震にも耐える構造にしていました。

 

この建物に近づいて足元を眺めて見ると、奥にはしっかりコンクリートの基礎があります。

 

もっと寄ってみるとその構造がよくわかります。

 

足元を覗いてみると基礎の状況が良くわかります。

 

つまり外部に面した廊下や縁側の部分は軽やかに見せるように束建てにしてあり、奥の部屋の部分は鉄筋コンクリートの基礎がしっかり建物を支えている構造です。

 

基礎の中は確認できなかったのですが、おそらくベタ基礎になっていると思われます。

 

そうすると犬走りもしっかり基礎と連結されているのではないでしょうか。

 

というようなことをいろいろ考えたり、人が見ないところを覗いたりするのは職業病とも言えます。

 

同業の皆さんに聞くと、やはり同じような行動をとるようです。

 

美術館に行って絵を見ながらも壁や柱などを叩いたり触ったりしている人も同業の可能性が高いです。

 

不思議に思うかも知れませんが、怪しい者ではありませんのでそっとしておいてくださいね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

11月23日(土)・24日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

06 November

屋根の違い

 

瓦とカラーベストとの違い

 

当社のショールームは比較体感型のショールームです。

 

当社ショールーム「四季彩館」です。

 

写真の向かって左は外断熱二重通気工法のソーラーサーキットの家で、中央のエントランス部分を挟んで右側はグラスウール充填断熱工法で造られていて、それぞれの温熱環境の違いを実感できるようにしています。

 

体感比較だけでなく、内外観で仕様の比較確認もできるようになっています。

 

外観では外壁のグリーンの部分は一般的なサイディングで仕上げており、右の白い部分は塗り壁でスクラッチ(櫛引き)仕上げとなっています。

 

また左の屋根は瓦、右の屋根はカラーベストで仕上げています。

 

屋根の厚みや軒先やケラバの納まりを比較するとそれぞれに特徴があります。

 

また左は屋根断熱、右は天井断熱なので破風の厚みの違いも確認できます。

 

仕上げが違うと経年変化もそれぞれ異なります。

 

外壁と屋根のそれぞれの色の変化も確認していただけます。

 

作業棟の下屋の屋根に上って撮影してみました。

 

作業棟からショールームを眺める。

 

先日の「木のおうちマルシェ」でここから餅まきをしました。

 

お客様には上っていただくことは出来ませんが上から見ると屋根の仕様の違いがしっかりわかりますね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

11月23日(土)・24日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

05 November

室内で遊ぶ

 

部屋の中で遊ぶ

 

2階の子ども部屋を斜め天井にしてターザンロープを設けました。

 

当社のソーラーサーキットの家は屋根断熱をしているので、2階や平屋部分の天井を斜めにしても断熱性能には問題がありません(一般的な天井断熱の家では斜め天井にするには工夫が要ります)。

 

そこで子ども部屋などでは斜め天井にしてロフトを設ける例も多くあります。

 

写真のように構造の梁を現しにして斜め天井にして拡がりのある空間になります。

 

このような空間にすると、特にそこが子ども部屋なので「遊び心」が生じてきます。

 

そこで梁や斜め天井を利用した写真にあるターザンロープ、また他の事例にあるハンギングバスケットやブランコなどを設けてみます。

 

お子さんにはもちろん好評で、ハンギングバスケットなどは大人も非常に楽しんで使っています。

 

最近のブログで紹介している当社のショールームのリノベーション。

 

ショールームも斜め天井になので「何か」設けたい!!

 

こちらも屋根断熱を活かして大胆に斜め天井に変更しました。

 

丸太の梁も設けてとてもダイナミックな空間にしています。

 

ここまでやるとやはり「遊び心」が生まれてきます。

 

ハンギングバスケットを設けるか、ブランコを設けるか・・・。

 

いろいろ悩んでいます。

 

近いうちにその結果を写真で報告できると思います。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

11月23日(土)・24日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

04 November

暖炉

 

炎を見てリラックス

 

炎を見てリラックス。暖炉の前でお酒をいただくのは贅沢な気分。

 

10月は例年になく暖かい日が続き、11月になっても日中はややその傾向は続いています。

 

しかしながら朝晩はかなり気温が下がり部屋の中でも一枚羽織って過ごしたくなります。

 

人によってはすでにエアコン暖房を稼動させている方もいるのではないでしょうか?

 

そこまでいかないまでも暖房機器のチェックや準備もそろそろ必要な時期になってきました。

 

私は人より寒がりなのでちょっと憂鬱な季節になってきました。

 

暖房の中でも一番多く使われるのはエアコンですが、最近では自然素材を使った家では暖炉を設けるお宅も見かけるようになってきました。

 

当社でも無垢の木を多く使ったお宅で暖炉を設けた例があります。

 

内装に木をたくさん使いロッジ風のお宅には暖炉が似合います。

 

内部の壁が無垢材中心で仕上げていて、見方によっては「ロッジ風」にも見えるので、余計に暖炉が似合います。

 

暖炉の良い所は輻射熱で家中暖まるのはもちろんですが、炎が見えることでリラックス効果もあることです。

 

暖炉の前でお酒をいただくなんて贅沢な時間の過ごし方ですね。

 

ただ最近の住宅は気密性が高いので、燃焼ガスや煙など排気には最新の注意が必要です。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

11月23日(土)・24日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

03 November

天井を仰ぐ

 

天井を仰いで見る

 

天井に無垢材を貼って工夫をしたりすると思わず寝転がりたくなります。

 

私の小さい頃は子ども部屋が和室だったので寝転がって天井を見るのが好きでした。

 

天井は竿縁天井。

 

無垢の天井の板材には木目や色合いなど一枚ずつ個性があって、その模様を眺めながら想像を膨らましていたものでした。

 

お化けの姿に見えた夜には少し怖い思いをしながら寝たものでした。

 

こうした体験から無垢の天井があると寝っ転がってみたくなるのです。

 

ダイナミックな丸太の上に無垢の天井。

 

上の写真は無垢の床材をあえて天井に貼っています。

 

塗装が施されて柔らかな表情で個性的な丸太とは対照的です。

 

下の写真は節のある無垢の羽目板を天井に貼った例です。

 

節のある無垢の天井材も個性的で味があります。

 

化粧梁の色合いと節目との調和が取れています。

 

無塗装材なので経年による色の変化も楽しむことができます。

 

このお宅のお子さんも寝っ転がりながらいろいろな想像を膨らませてくれているでしょうか?

 

天井にどんな景色が見えたのでしょうか?

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

11月23日(土)・24日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ