愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

17 December

欄間

間仕切りの壁に欄間障子

和風建築の和室の間仕切り壁の垂れ壁に欄間障子が付いています。よく見るとその先の縁側に至る和室の欄間にも障子が付いています。

格式のある和室を見学させていただく時などには欄間に立派な彫り物を見かけることもあります。

植物や景色などをモチーフにした彫り物などは思わず息をのむこともあります。

欄間の位置も和室同士の間仕切りに設ける場合と縁側と和室を仕切る壁に設ける場合もあります。

同じ欄間に設ける障子でも意味合いが異なると考えました。

写真を見ると縁側に面した欄間は外部に接する位置にあるので採光と換気の機能を併せ持っているようです。

戸を閉めても欄間障子から明かりがもれてくる、欄間障子を開けると換気もできる。

それに引き換え和室同士では採光や換気の機能はそれほど重視されません。

この写真でも縁側に設ける欄間障子より大きさはとても小さくできています。

代わりに障子のはまる開口に意匠を施しています。庭の低木のイメージでしょうか、あるいは山々のシルエットでしょうか。

採光や換気より意匠を愛でるという安らぎの機能があるようです。

今日のブログは自分なりの解釈で書いてみました。専門家からは突っ込まれるのかも知れませんけど・・・。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

12月22日(土)・23日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

16 December

ぐるぐる

キッチンのまわりをぐるぐる

キッチンがLDKの中で島のように配置され、回遊できるスタイルのお宅です。

リビングダイニング側のキッチンの壁は建具と同じ色合いにして、キッチンが回遊の中心となるように視覚的にもアクセントとなるようにしています。

キッチンからはダイニング・リビング・和室さらに家事コーナーが見渡すことができて、それぞれのスペースへストレスなくアクセスできます。

また写真では見えないのですが、洗面脱衣や浴室がキッチンの横並びの位置にあるので、調理以外の家事動線も配慮してあります。

このようにキッチン廻りを使う大人が便利な回遊型のキッチンですが、他の住まい手には楽しい使い方ができそうです。

例えばこんなシーン。

小さなお子さんがキッチンまわりをぐるぐる回って追いかけっこをする。写真のお宅は和室も開放できる形になっているので、キッチンだけでなく和室を回ってぐるぐるできます。

ちょっとした運動場になりますね。

もちろんキッチンで調理している時には大人しくしていただかないといけませんけどね。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

12月22日(土)・23日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」。

大清建設も応援しています。

15 December

耐震診断

木造住宅の耐震性能を診断

毎年12月12日に発表される「今年の漢字」。今年は「災」の字に決まりました。

ネガティブなイメージの漢字ですが、今年は各地で地震や台風、豪雨の被害があり納得もできます。

台風や豪雨など天気関係の災害は最近の気象衛星の能力や解析技術の向上で、予想される進路や被害の状況などが事前に分かるので、直前でも備えることができます。

一方地震については予測の研究はなかなか成果が上がっていないようです。

先日も南海トラフのプレートの「半割れ」などいろいろなケースに応じた避難シミュレーションも発表されていました。

このように地震は台風や豪雨などと違って予想に従って準備することは難しいので、住宅ではあらかじめ準備しておく必要があります。

昭和56年6月の新耐震基準で建てられた住宅は、それまでの住宅と比べて耐震性能が向上していますので、ある程度は安心できます。

それでも世の中にはそれ以前に建てられた住宅も多く存在しているので、国や自治体でもその対策を進めています。

新耐震基準制定以前の木造住宅では、自治体に申し込むと耐震診断が無料で受けられます(条件によっては対象外となることもあります)。

昨日はその制度を利用したあるお宅の木造住宅の耐震診断に行ってきました。

まずは自宅の耐震性能を知ること、そしてその上でその性能に応じた対策をすることが大切です。

自分の住む家で「災」を受けないように準備が必要です。

ちなみに昨年の「今年の漢字」は「北」だったそうです。北のミサイルの脅威や清宮選手の北海道日本ハムの入団などがあって決まったそうです。一年前なのに既に忘れていました。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

12月22日(土)・23日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

14 December

見通し

ダイニングからの見通しの良さ

キッチンからリビングやダイニングを見渡せることで、家族の様子がわかるので対面キッチンが人気なのはこのブログでも何度も取り上げてきました。

今回は反対の視点、つまりダイニングからの見え方について考えてみたいと思います。

写真はサービスカウンターのあるダイニングキッチンと横につながるリビングの空間です。キッチンは対面ではなく壁付けなのでキッチンに立つと家族の顔は直接は見ることはできない配置となっています。

片やダイニングから見るとキッチンに立つ人の姿やリビングで寛ぐ人の姿がよくわかります。

例えばこんなシーンを想像してみてください。

残業で遅くなって家族と一緒ではなく一人で食卓で夕食を食べる。

キッチンでは食器や調理器具の片付けをしていたり、リビングでは食事を終えた家族がテレビを観たりしている。

ダイニングからキッチンやリビングそれぞれのゾーンの様子がわかると一人で食べる夕食もさびしさはないのではないでしょうか。

間取りを考える際には家族の様々なシーンを想像しながらまとめていきます。

もちろん家族のライフスタイルによってそのシーンはそれぞれの家庭で異なります。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

12月22日(土)・23日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

13 December

解放的な吹き抜け

吹き抜けの空間を大きく見せる

吹き抜けのあるリビングで、上階の回廊を設けると余計に広がりを感じることができます。

目線が吹抜けのさらに先にいくので吹き抜けのスペースがそこまで広がって見えるからです。

このお宅では大きく天井の高い吹抜けを間取り作成の頃からご希望されていて、昨日と一昨日のブログにあるような梁を設けていません。

大きな吹抜けを設けると耐震等級を高めることが難しいのですが、四隅に火打(写真でも見える斜め材)を入れることでそれも確保しています(構造計算してきちんと認証も取得しています)。

昨日も書いたように梁があることでそれがアクセントとなり空間にリズムが生まれるたり、空間を引き締めたりできます。

梁が無い空間では空間自体が単調にならないような配慮も必要になってきます。

壁や天井の色や素材を変えることもその一つです。

ここでは回廊を設けることで奥行き感があり、さらに回廊の手すりの一部を格子手すりにすることでアクセントと回廊の先の壁まで透ける感じを演出できています。

とても広い吹抜け空間ですが、単調さがなくなりましたね。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

12月22日(土)・23日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ