愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

結露

 

結露の発生する場所

 

おはようございます。

 

寒くなると暖房をするのですが、気になるのが結露ですよね。

 

大きな開口部ですと結露水が窓枠や床にたまって毎日処理が大変です。

 

最近の家ではこうした窓の結露は見かけなくなっています。

 

新築ではペアガラスが標準になっていて樹脂窓も採用率が高いので、窓の結露は防ぐことができます。

 

しかしながらストーブやガスファンヒーターなど内燃式の暖房機は、燃焼時に水が発生して室内の湿度が上がって窓にも結露が生じる場合があります。

 

またこの時に気を付けないといけないのが内部結露です。

 

窓の結露は目視で確認できるのですが、壁の中の結露は目に見えない分厄介です。

 

結露は夏に氷を入れた冷たい飲み物のグラスの表面に発生することでわかるように温度の狭間で生じます。

 

暖められた室内の空気と外部の冷気の接点を無くすことが出来れば結露は生じません。

 

つまり間に断熱材をきちんと入れることです。

 

この「きちんと」というのが大切で、断熱材に隙間があると暖気と冷気の接点が生じることになり、壁の中に結露が発生します。

 

結露水が内部の木にダメージを与えますが、窓のように結露水を拭くことが出来ないので、そのダメージが拡がりやすくなります。

 

そうならないように気密性能を確保するのが大切なのです。

 

大きな開口部と壁の中も結露の心配のない家で安心してお過ごしください。

 

大きな開口部や吹抜けの窓、そして壁の中の結露に心配のない家。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

2月22日(土)・23日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ