愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

軒の深さ

 

軒の深さと窓仕様

 

おはようございます。

 

冬至を過ぎて20日ほど経ちました。

 

わずかですが、冬至の時期より日が長くなっているのを感じる事ができます。

しかしながら太陽高度はまだまだ低く、日照時間は夏に比べると8割程度にとどまります。

 

深い軒の出

 

深い軒の下やワイドバルコニーの下にテラスを設けると、雨がかりや日差しを遮ることのできるスペースになります。

 

夏は太陽高度が高いので、日陰がたくさんできて軒下での屋外の活動も楽にできます。

 

また軒の奥にある窓にも直接日射が入りにくいので室温の上昇を抑える効果があります。

 

一方冬になると軒の出が多いと窓に日射が入りにくく、窓からの日射熱を期待できません。

 

そこで窓ガラスの仕様を考える必要があります。

 

冬の日射熱を期待できないとしたら、室内の気温をできるだけ逃さないタイプのガラス(例えばLow-Eの断熱ガラス)にする必要があります。

 

軒の深さと窓との関係は季節ごとの地域の太陽高度が分かりますので、シミュレーションできます。

 

こうして快適な軒下と快適な室内環境を作ることができるのです。

 

快適な軒下でランチやティータイムとかもいいですよね。

 

深い軒下でランチとかいいですね。

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

1月25日(土)・26日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ