愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

木造化

 

都市の建物の木造化

 

おはようございます。

 

2020東京オリパラのメイン会場になる新国立競技場がお披露目され、構造も話題になっています。

 

主構造は木造ではありませんが、スタンドを覆う屋根の構造に木を使っていて、外観からも木の存在感があります。

 

都市における木材の利用は防耐火や耐久性の問題もあってこれまで多くありませんでした。

 

しなしながら最近では、環境意識の変化やSDGsへの取り組み、そしてなにより技術の進歩で都市でも木材を利用した建物が増えてきました。

 

都市における木材利用

 

そんな中、先日木材会社の講演会に行き、都市における木材利用のお話しを聞いてきました。

 

ケーススタディでは同じ建物で鉄筋コンクリート造、鉄骨造などと比べて木造にすると温室効果ガス排出量が40~70%も削減でき、また木はその中に炭素を固定できているのでさらにその効果は高まるとのこと。

 

建物重量も軽減できるので耐震化にも通じるところがあります。

 

日本はもともと森林資源が豊富なので、都市の木造化が進んでも十分な量があります。

 

適正な時期に木を伐採していくことは森を守ることにもなります。

 

講演ではロンドンやヘルシンキの都市の木材利用の事例紹介もありました。

 

地震国である我が国とはとりまく環境が違い、また法整備が進まないとまだまだこれらの都市のようにはすぐにはならないとは思いますが、日本も確実に都市の木質化へ進み出しています。

 

ロンドンとヘルシンキの都市の木造化の事例

 

今日も皆様にとっていい一日でありますように。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

1月25日(土)・26日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ