愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

外部床

 

外部の床面を比べる

 

ショールームの中庭にあるタイルテラス。

 

当社ショールームではいろいろな仕上げの比較ができるという事を以前のブログで書きました。

 

内装や外装の違いだけでなく、外部の床の仕上げについても比較してその質感や色、経年変化などを確認することができます。

 

上の写真は「コ」の字型に囲われたテラスです。

 

大判のタイルで比較的お値打ちな価格のものを斜め貼りにしています。

 

普通にスクエアに貼るより費用はかかりますが、ベーシックなタイルでもちょっと雰囲気のいい空間になります。

 

高いタイルを貼るよりも効果があります。

 

もう一つの写真はアプローチのデッキ材です。

 

「イペ」という無垢材で仕上げたアプローチとデッキ。

 

素材は「イペ」という無垢材で、木材でありながら水に沈むという重くて固い材です。

 

無塗装で貼ってから10年以上経過しまして、先ごろ高圧洗浄をしたら施工当時の姿がよみがえってきました。

 

無垢の室間と踏んだ時に足に伝わる感覚もとてもやさしい感じです。

 

それまでは塗装や貼り替えなどのメンテナンスは一切行っていないという、一般の無垢材のデッキでは信じられないような耐久性があります。

 

初期の材料代はかなりかかりますが、塗装や貼り替えの手間を考えると採用できる仕様ではないかと思います。

 

室内の床はこのデッキ材や塩ビ系の長尺シート、そして合板や無垢のフローリングとこちらも仕様や質感の比較ができるようになっています。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

11月23日(土)・24日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ