愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

屋根断熱

 

屋根の断熱だからできる

 

屋根の勾配に合わせた斜め天井。部屋の上部にはロフトがあります。

 

屋根の形に合わせた部屋の勾配天井。

 

そこに無垢板などを貼るととても感じのいい空間になりますね。

 

ある一定以上の勾配の屋根があれば同じようなスタイルにできます。

 

しかしながら注意が必要です。

 

斜め天井の上には屋根があるのです。そうです、夏の熱気が一番伝わる屋根の真下に斜め天井がくるのです。

 

そこで重要なのは断熱、そして通気。

 

つまり熱を室内に伝えないことはもちろん一番大切なのですが、屋根面に籠った熱を通気によっても排熱することも大切なのです。

 

だからこそ写真のような斜め天井+ロフトのような空間を設けても室内は快適に過ごせるのです。

 

最近当社のショールームの改造を行っています。

 

工事の合間を縫って行っているのでなかなかスムーズには進捗しませんが、天井の解体が終わりました。

 

天井を解体しているので屋根の構造がよくわかります。

 

屋根の下地になる垂木や構造部分の梁が見えて面白い段階です。

 

もともとはフラットな天井だったのを屋根勾配に合わせて斜め天井にします。

 

多くの建物はフラット天井の上に断熱材が敷いてあるので、斜め天井にリフォームする際には天井部分に改めて断熱を行う必要があります。

 

しかしながら通気の確保は難しいですね。

 

でもこのショールームの建物は屋根断熱(外断熱)+通気があるので、追加の断熱の配慮はする必要がありません。

 

屋根断熱+通気の建物はこうしたダイナミックな天井のリフォームにもしっかり対応できます。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

10月26日(土)・27日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

26日は同時に「木のおうちマルシェ」を開催します。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ