愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

オープンかクローズか

 

玄関のまわりのスタイル

 

玄関横の収納。靴だけでなくいろいろな物が収納できます。

 

玄関廻りの収納を充実させたいと希望される方が多いです。

 

家族が成長するにしたがって靴はもちろん収納する物も増えてきます。

 

シューズクロークが代表的な収納です。

 

靴だけでなく、コートやベビーカー、そしてアウトドア用品など様々なものを収納する機能を持たせています。

 

こうしたたくさんの物を収納するとなると、そのスタイルは扉などを付けて玄関からは閉じた状態にします。

 

収納の中は少々整理していなくても気になりませんし、来客にも気を遣う必要もありません。

 

私も以前はこのスタイルの家に住んでいました。雑多に物が仕舞えるのが便利です。

 

クローズをいいことにどんどん詰め込んで、奥の方にあるものが忘れ去られるということになっていました。

 

片付け上手な方には問題がないのですが・・・。

 

シューズクロークのような奥行きのある収納に対して、クローゼットのような奥行きの浅い収納を設ける例もあります。

 

棚やハンガーパイプを設けるとシューズクロークと同様にいろいろな物を収納する機能もあります。

 

何より扉を開けると収納物がすべて見られるので、仕舞ってあるものを見失うことはありません。

 

奥行きの浅い収納とオープンな飾り棚。

 

写真もそうした事例の一つです。

 

奥行きの浅い収納とともに、見せる収納として飾り棚を設けています。

 

壁状になっていて玄関を二つのゾーンに分ける機能もあります。

 

家族は専ら奥のスペースから出入りすると玄関の正面はいつもスッキリ片付いています。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

9月28日(土)・29日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ