愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

明るい玄関

 

玄関の明るさを検討

 

北向きの玄関に縦スリットの窓を付けて奥行きのある光を確保。

 

敷地と道路の関係や間取りとの関係で玄関の位置は家によっていろいろな方向になります。

 

また玄関の位置と隣家や他の構造物などとの関係もいろいろです。

 

一般に玄関は明るい方が好まれます。

 

日中は照明を点けなくてもいいようにしたいと皆さんが望まれます。

 

そこで、先に述べたい玄関の位置関係でいろいろな検討が必要となってきます。

 

空に太陽がある限り(どっかで聞いたフレーズですが・・少々古いですね)、天空光といって窓があれば光がある程度確保できます。

 

もちろん直近に遮蔽するものがない場合ですが・・。

 

それでも南向きと北向きの玄関は直射日光の有り無しで明るさは違ってきます。

 

玄関ドアにも採光できる窓を付けるケースもありますが、あまり大きな窓は防犯上気になるのでそれほど大きな窓を付けられません。

 

そこで南向きほど採光に期待できない場合は、天空光を充分得られるようにドア以外にも窓を付けることが多いです。

 

一方南向きの玄関では、例えば写真のような親子ドアで親子のどちらにも採光の窓を付けるだけで玄関が明るくなるケースもあります。

 

親子ドアのある玄関。南向きなのでドアに付けられた窓だけでも明るさを確保出来ている。

 

子のドアの方は採光上とても有効な縦のスリット窓が設けてあります。

 

縦長なので玄関の床面からホールまで奥行きのある光を確保できます。

 

こうして明るい玄関が実現できます。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

9月28日(土)・29日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

http://tokaifc.net/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ