愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

道路と敷地

 

道路と敷地の高低差

 

「どうやってアプローチを作ろうか」。

 

道路から建物まで距離があれば高低差の調整も楽にできます。

 

敷地が道路とそれほど高低差がない場合は高さの処理の検討は必要ありません。

 

アプローチの方向や仕様を中心に検討すればいいです。

 

これが敷地と道路に高低差があるとどうでしょうか。

 

道路から建物の距離が近い場合の高低差の処理。

 

たとえば敷地に余裕があって建物と道路との間に距離が確保できる場合。

 

写真のようなケースです。

 

この場合は距離があるのでその間にスロープや緩やかな階段を所々配置して高低差を解消すれば玄関までスムーズにアプローチできます。

 

距離があるので単調にならないようにデザイン的な工夫も必要となります。

 

一方道路からあまり距離が離れていない場所に玄関ポーチがある場合。

 

写真のようなケースです。

 

その場合はすぐに階段を設けます。

 

ある程度余裕があれば単純に一直線で上るのではなく、角度を付けたり曲がりを設けて単調さを解消します。

 

曲がりを設けるとコーナーが出来てそこに植栽などを配置できて雰囲気もあがります。

 

丘陵地などではこれ以上に敷地と道路の高低差がある場合もあります。

 

この場合もいろいろな対応がありますが、また機会を設けてご紹介したいと思います。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

8月24日(土)・25日(日)は「健康な家づくり」無料相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ