愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

お客様の声

「いらっしゃい」 そう迎えてくださるお客様の笑顔が誇りです。

大清建設と一緒にマイホームの夢をかなえられた お客様宅をご訪問。 実際に住まわれての感想をお聞きしました。

快適・健康・高耐久・省エネルギーが同居するソーラーサーキットの家を建てられた 名古屋市名東区のA様に、 その暮らし心地などをインタビュー!!

ソーラーサーキット工法は何でお知りになりましたか、また、この工法を採用した一番の理由は?
住宅展示場での某ハウスメーカーのモデルハウス見学が一番最初でしたね。採用した理由は、真夏に展示場めぐりをしていて、玄関に入った瞬間「涼しい!」という第一印象が一番大きいのではないでしょうか? 具体的には夏は開放的に、冬は高気密と衣替えできる家であるという点です。夏と冬で2つの顔があるとでもいうのでしょうか? オールシーズン家の中が快適ということが最大の要因です。
工務店選びのなかで大清建設に決定した理由は?(どんなこと・・・悪口でもいいです!?)
前述の某ハウスメーカーとの打ち合わせ時、なんともいえない行き詰まり感(コスト面・担当者との打ち合わせなど・・・)を感じていたときに、そこにおいて あった雑誌で「ここ以外にもソーラーサーキット工法を採用しているんだ」と知ったのが最初です。そこで大清建設さんを選んだのは、ローコストという点も あったのですが、誠実かつ迅速な対応に安心して任せられると思ったのが最大の理由でした。こちらの無理な注文にもしっかり対応してもらえ、とても満足して います。
ソーラーサーキットの家に入居して初めての夏をお迎えですが、家での暮らしはいかがですか。
(エアコンをつけるタイミングや室内温度など)
私はとても汗っかきで、夏は大嫌いです。これまで光熱費のことを考え、どんなに暑くても「エアコンは1時間だけ」と決めて、その後は滝のような汗を流して いました。しかし、現在はエアコンがよほどの猛暑でない限り「1時間しか必要ない」生活になっています。それだけで快適さが少なくとも半日は持続します。 それも、室温設定が29度でも十分快適なのです。さらに、その効果が2階でも実感できるのが驚きです。1階よりは確かに暑いのですが、むせ返るような暑さ ではありません。そのせいか、2階のベランダに洗濯物や布団を干す時でも、外にいる時間を少しでも短くしようと干す時間が心なしかスピードアップした気が します。
家のなかで「お気に入り」の場所・こだわりの空間はありますか。
挙げれば切りがありませんが、いくつか挙げるとすれば吹き抜けのあるダイニング・ほとんど間仕切りのない1階の空間・リビングのテラコッタタイル張りスペースです。
ダイニングは吹き抜けのおかげで2階の南の窓から光が降り注ぎ、とても明るい雰囲気を演出してくれます。夜は一変してペンダントライトによるムーディな雰 囲気をかもし出したりとケースバイケースで楽しめます。また、1階・2階の廊下どこにいても家族の存在を感じられるオープン空間は小さい子どものいる我が 家にとって安心感をもてまてます。テラコッタ張り
また、リビングのテラコッタタイル張りスペースは妻の提案で観葉植物を置く場所として設置したのですが、現在は子どもが小さくてまだ本来の目的では利用で きていません。しかし、夏でもひんやりしてしていることを発見して、私が入浴後の涼場として有効利用(?)しています。
これから秋、冬を迎えますが、ソーラーサーキットの家に期待する事、安藤さんご自身のご予定など(新しい家具、グリーンなど飾る予定とか・・)お聞かせください。
吹き抜けダイニング私は暑がりなのですが、妻は極度の寒がりです。冬の入浴後はまさにスピード勝負でした。すぐに体が冷えてしまうからです。子どもを寝かしつけてからしか自分の時間をもてない妻にとって、入浴後でも体がすぐに冷えてしまわないでいられれば、もう少し自由な時間が増えるのではないかと期待しています。
我が家の予定としては、近々電子ピアノを購入する予定です。妻の昔ながらの趣味で、子どもの遊び道具として、また我が家のBGMとして大いに活用するつもりです。 また、リビングが寂しいので子どもがいたずらしなくなったら本来の目的どおり観葉植物も置きたいですね。
これから家を建てようと計画されている方に、家づくりの先輩としてのアドバイスなど いただけますか。
アドバイスなどというとおこがましいのですが、私たちの場合で言うと、最初からここだと決めずに、いろいろな情報(工法や構造体など)を仕入れてそれぞれ の長所短所を客観的に挙げてみました。その上で自分たちの理想に最も近い形を選びました。
また、担当者さんとの打ち合わせでは、遠慮せずになんでも言ってきました。要望はもちろん、素朴な疑問までありとあらゆることを聞きました。家は一生の買 い物ですので、「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」を肝に銘じていました。現在はリフォームが流行っていますが、後から「こうしておけばよかった」とい う思いは絶対にしたくないものです。

施工事例

ページトップ