愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

吹抜け

ワークスペースの位置や仕様

お引渡し間近のお宅でお客様による最終チェックの段階です。

南に向かって大きな縦型開口と大きな吹抜けのあるとても開放的なリビングダイニングとなっています。

階段も写真のように手摺格子で透けているので、さらに広がりを感じます。

このように解放感のある建物の内装の素材や色、そしてアイテムはその雰囲気に合ったものを選ぶことが重要です。

シンプルに単色で構成するのも開放感が高まりいいのですが、広い空間なので少し引き締める工夫もしました。

ここでは天井を板目にしています。

吹抜けで天井高があるので、壁の色より天井のトーンを濃くしても圧迫感はありません。

また建具や手すりの色を意識して統一感を持たせています。

そして大きな吹抜けのアクセントとして化粧梁を設けています。

この梁の色は他より明るい素地の色です。

最初に他と合わせて着色するのもいいのですが、無塗装にすることで経年変化によってだんだん濃くなっていきます。

光がよく当たる吹抜けなので年を経ると他のカラーとそろっていく事でしょう。

それも楽しみですね。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

吹抜け

リビングの吹抜けを見下ろす

リビングの吹抜け空間を撮影する時には下からの写真が多いです。

天井の高さと階上に設けた窓からの光によって普通の階高のリビングに比べて圧倒的に空間の拡がりを感じるのでインパクトがあるからです。

一方吹抜け空間を上から見下ろしてみると下からは気が付かない風景を見ることができます。

一つには目に入る窓の数が多いので、その分光の量が多くなり普通の2階の廊下より格段に明るく感じます。

そして下にいる家族の様子がよくわかるということ。

リビングはもちろんダイニングスペースやリビングに接する和室などの部屋の様子もうかがうことができます。

下からの声が聞こえるので上にいてもお子さんは家族の存在を感じられて安心できます。

「ごはんだよー」といった声も聞きやすいですね。

また逆にお子さんが下にいて上階で洗濯物干しや掃除などの家事をしている時も、下からの気配がわかりやすいので親の立場からも安心です。

いたずらしていても上から見ることができるので、すぐに叱るなどの対応もできます。

内部だけでなく、外にも目を向けると立地条件によっては吹抜け上階に設けた窓からの景観も楽しめますね。

今日のブログは上階からの吹抜けの様子を書いてみました。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

吹抜けの通路

吹抜けに設置する通路

ある程度大きな吹き抜けが確保できる場合は回廊を設けていろいろな部屋やバルコニーへ行くようにします。

その場合、床は普通に設ける形になります。

一方間口に限りがあって吹抜けに床のある回廊を設けると吹抜け自体が狭くなる場合もあります。

吹抜けを設けて部屋を明るくする目的が阻害されることにもなります。

吹抜けを無くすのは簡単ですが、明るく開放的なリビング空間を作るためにはやはり吹抜けが欲しい。ダイニング側に余裕があるので、料理を出したり片づけたりするのがスムーズにできます。

そこで検討して設けたのが写真の例。

少し見づらいですが、中央部分廊下が手前の廊下とは違って見えます。

そうです、吹抜けの一部に角材一定間隔に並べて下の階が透けて見えるようになっています。

建築用語でキャットウォークとも言います。

施設にある設備などのメンテナンスのための通路で見られるものです。

ただし普段は人が歩かないのとバックヤードなどに設けることもあるので、一般の人にはなじみのない用語と形状かも知れませんね。

住宅で透けるキャットウォークを設けて吹抜けがもたらす下階への明るさを確保できるということです。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

1月26日(土)・27日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

ロフトまわり

ロフトと部屋の飾り方

ロフトまわりの飾り方


2階に子ども部屋を設ける時に、屋根の勾配によってはロフトが作れることもあります。

屋根断熱をしているので、ロフトの環境も部屋と変わらないので作れる場合にはこちらの方からお客様に提案することも多いです。

通常はロフトはしごを使って上るのですが、時々「ターザンロープ」を取り付けてそれで上れるようにすることもあります。

お子さんの体力強化にもつながりますね。


ロフトの使い方について、普段使わない物の収納場所とか趣味に没頭する場所とか自分やお友達が寝るスペースとかいろいろイメージをお伝えするのですが、実際の使い方はそれぞれです。

ロフトへの移動のためのハシゴは普段使わない時には邪魔にならない位置に移動ができます。

部屋の大きさに余裕があったり、部屋のレイアウトを工夫すると写真のように普段からハシゴを掛けたままで部屋やロフトまわりを飾る方もいます。

使い方やレイアウトにもそれぞれの個性が出て面白いですね。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

12月22日(土)・23日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」
大清建設も応援しています。

http://tokaifc2018.net/

施工事例

ページトップ