愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

北側道路の土地

 

北側に道路のある敷地

 

昨日の「北枕」に続いて今日は「北」つながりのテーマ、住宅を建てる敷地の中で北側道路の敷地について書いていきます。

 

当社にお越しになる方の半数以上は土地探しから家づくりを始める方です。

 

希望のエリアはもちろん、土地の広さや価格といった基本条件に関しては皆さんそれぞれの希望があります。

 

しかしながら土地と道路の関係では、多くの方に共通のご要望があります。

 

それは南向きの土地。つまり土地の南側に道路がある敷地を希望されます。

 

南に道路があると、もちろん道路には建物が建たないので道路幅分と自分の土地の駐車スペース分はオープンスペースとなり、日当たりが担保されます。

 

やはり日当たりのいい土地は誰も評価が高いものです。

 

それ故に、土地代金も同じエリアの北道路や東西道路の土地に比べて坪単価が割高になっています。

 

売主側からしてもみんなが希望するのだから高い価格設定でも売れるとの判断です。

 

南道路の土地を買ったのはいいのですが、高い土地価格のため当初の予算オーバーとなって建物の大きさや仕様を我慢しなければならないということはとても残念なことです。

 

それでは本当に他の方位の道路の土地はよくないのでしょうか?

 

そんなことはありません。そこで「北側道路」の事例とその良さを紹介していきたいと思います。

 

北側道路の土地の北側の姿

 

北側に道路がある縦長の土地に建つ住宅

 

北側に道路がある土地で縦長の土地の事例です。

 

南側道路の敷地を希望されている方は大概スルーしてしまう土地です。

 

駐車場と玄関のアプローチの奥行きを確保して建物を配置しています(道路に接する幅は7から8mほどです)。

 

典型的な北側道路の姿ですね。

 

ここでは外観がかわいらしいスタイルなので駐車場の目地切りやアプローチを曲線で仕上げて柔らかな印象にしています。

 

北側道路の敷地の南側

 

同じ住宅の南側。芝生のお庭にウッドデッキが似合います。

 

同じ敷地の南側の様子です。

 

奥行きのある敷地なので、リビングの前にゆったりとした芝生のお庭が確保できて、リビングの先にあるウッドデッキに座って日向ぼっこもできます。

 

対面キッチンからお庭も見られるので、家事をしながら庭で遊ぶお子さんの姿も確認できます。

 

道路に接していない面なので、お子さんが誤って道路に飛び出す心配もありません。

 

道路からこのお庭は見えないので、プライベート感も高いので、お子さんのプールやお庭でのバーベキューなども安心して行うことができます。

 

このように土地の形状によっては北道路ならではの利点もあります。

 

同じ面積の南道路の土地よりはお値打ちなので、建物や外構の予算も削らなくて済みます。

 

どうでしょうか?

 

北道路の敷地も良さそうでしょう?

  

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

5月25日(土)・26日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

敷地

北側の敷地と建物配置

土地から探して家づくりを行う方に建物の配置やデザインなどをわかりやすく3Dで提案しています。

どのエリアでも駅から程よい距離で南向きというとなかなか土地自体が情報として出にくく、見付けてもとても狭く家族向けではなかったり、相場よりかなり高くなったりしている土地が多いです。

そこで南道路の敷地以外に目を向けると駅近で土地の形もよく、価格もお値打ちな土地が情報として挙がっていることもあります。

北側の間口が広く余裕で駐車スペースを確保でき、敷地に奥行きがあって南にはしっかりお庭が確保できる。

このブログでも時々書きますが、この北側道路敷地の南側のお庭は道路からは見えないのでプライベート感が高くて小さなお子さんも道路に飛び出すことがないので安心です。

またこの敷地のようにかなり余裕があると建物形状もシンプルな総2階ではなく、いろいろなアクセントを付けることができます。

3D画像のように玄関廻りを張り出して、奥には下屋と2階部分の奥行き感を出しています。

こうした提案を重ねて土地と建物の配置やデザインをイメージしていただきながら、進めていきます。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ