愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

吹抜けいろいろ

 

吹抜けをどこに設けるか

 

我が家にはないのですが、吹抜けのある家には憧れがあって、皆さんのお宅で実現していくととてもうらやましく思っています。

 

なぜ我が家に設けなかったかは、いくら私が設計者であっても家族で住む家なので、自分だけの意見で勝手に進めることは出来なくて(実は前に住んでいた家が私主導で設計したので、ヒンシュクを買いました・・)、結局吹抜けのない間取りとなりました。

 

憧れが強いのでお客様の家で実現する吹抜け空間には特に力を注ぎます(もちろん他の部分にも)。

 

そんな吹抜けでも設ける位置によって雰囲気が違います。

 

お客様の要望によるものや家の雰囲気や解放感のアップなどその成り立ちはいろいろです。

 

今回はそんな吹抜けについて紹介していきます。

 

玄関ホールに設けた吹抜け

 

玄関に設けた吹抜け

 

玄関に設ける吹抜けは、来客に強い印象を与えます。

 

開放的で明るい天井の高い玄関は豪華な雰囲気になります。

 

このお宅では奥様が家を建てるなら絶対に玄関に吹抜けを設けたい。

 

という明確なご要望が当初からあって、土地探しの段階から吹抜けを設けた玄関が映える土地を見付けていきました。

 

いくつかの候補地の中で一番吹抜けの効果がある土地を見付けることができました。

 

玄関にホールにはニッチを設けてさらに雰囲気を高めています。

 

リビングに設けた吹抜け

 

リビングに設けた吹抜け

 

吹抜けを設ける場所で一番多いのがリビング空間です。

 

明るく開放的な雰囲気を家族みんなで味わうには適した場所と言えるでしょう。

  

大きさは様々ですがあまりコンパクトなサイズの吹抜けはリビングとのバランスが悪いのでサイズはプランニングしながら慎重に決めていきます。

 

効果的な吹き抜け空間を作るには部屋の環境も考えなければいけません。

 

特にリビングに設ける吹抜けは環境をしっかり考えないといけません。

 

ダイニングに設けた吹抜け

 

ダイニングに設けた吹抜け

 

例は少ないのですが、ダイニングに吹抜けを設ける場合もあります。

 

リビング空間を落ち着きのある空間にするためにあえてリビングには吹抜けを設けませんでした。

 

それならダイニングも吹抜けは不要では? と考える方もいると思います。

 

このお宅の南側に家があり、より明るい空間にするために吹抜けを設けているのです。

 

場所が場所だけに、下から「ご飯だよー!」という声も2階に伝わりやすいかも・・・。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

 

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

資料請求はこちら:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

4月20日(土)・21日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

吹抜け

ワークスペースの位置や仕様

お引渡し間近のお宅でお客様による最終チェックの段階です。

南に向かって大きな縦型開口と大きな吹抜けのあるとても開放的なリビングダイニングとなっています。

階段も写真のように手摺格子で透けているので、さらに広がりを感じます。

このように解放感のある建物の内装の素材や色、そしてアイテムはその雰囲気に合ったものを選ぶことが重要です。

シンプルに単色で構成するのも開放感が高まりいいのですが、広い空間なので少し引き締める工夫もしました。

ここでは天井を板目にしています。

吹抜けで天井高があるので、壁の色より天井のトーンを濃くしても圧迫感はありません。

また建具や手すりの色を意識して統一感を持たせています。

そして大きな吹抜けのアクセントとして化粧梁を設けています。

この梁の色は他より明るい素地の色です。

最初に他と合わせて着色するのもいいのですが、無塗装にすることで経年変化によってだんだん濃くなっていきます。

光がよく当たる吹抜けなので年を経ると他のカラーとそろっていく事でしょう。

それも楽しみですね。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

吹抜け

リビングの吹抜けを見下ろす

リビングの吹抜け空間を撮影する時には下からの写真が多いです。

天井の高さと階上に設けた窓からの光によって普通の階高のリビングに比べて圧倒的に空間の拡がりを感じるのでインパクトがあるからです。

一方吹抜け空間を上から見下ろしてみると下からは気が付かない風景を見ることができます。

一つには目に入る窓の数が多いので、その分光の量が多くなり普通の2階の廊下より格段に明るく感じます。

そして下にいる家族の様子がよくわかるということ。

リビングはもちろんダイニングスペースやリビングに接する和室などの部屋の様子もうかがうことができます。

下からの声が聞こえるので上にいてもお子さんは家族の存在を感じられて安心できます。

「ごはんだよー」といった声も聞きやすいですね。

また逆にお子さんが下にいて上階で洗濯物干しや掃除などの家事をしている時も、下からの気配がわかりやすいので親の立場からも安心です。

いたずらしていても上から見ることができるので、すぐに叱るなどの対応もできます。

内部だけでなく、外にも目を向けると立地条件によっては吹抜け上階に設けた窓からの景観も楽しめますね。

今日のブログは上階からの吹抜けの様子を書いてみました。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月23日(土)・24日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ