愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

ダイニングキッチン

 

ダイニングからとキッチンからの見え方

 

キッチンからの見え方

 

対面でもあり、回遊型(アイランド型とも言いますね)のキッチンからの画像です。

 

部屋全体はもちろんお庭までが見渡せて家族の様子がよくわかる間取りとなっています。

 

小さなお子さんがいる家庭では、最初の頃は子ども部屋を使うことが少ないと思います。

 

寝るのも親と一緒というケースがほとんどです。

 

我が家も子どもが小さいうちは、和室で「川の字+一本」でみんなで寝ていました。

 

そういう状況なので、家にいる時の大半はリビング周りかダイニング周りにいることになります。

 

この状況は小学校くらいまで続き、宿題や勉強もここですることになります。

 

お子さんも親も安心できるのでしょうね。

 

そこでスタディーコーナーを作ってそうした状況に対応することもあります。

 

でもそこまでしなくても、身近な場所があります。

 

それは・・・ダイニングテーブルです。

 

ダイニングテーブルとキッチンの関係

 

椅子とテーブルの高さも勉強机とそれほど変わらないのでそのまま勉強や宿題に使えます。

 

親子が近くにいられるので双方が安心してそれぞれの事を行えます。

 

家事を終えたらお子さんと一緒にダイニングテーブルに座ってお話しもいいですね。

 

我が家でもそうした使い方をしていたせいか、今でも家族がダイニングテーブルにいる時間がとっても長いですよ!

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

スタディコーナー

 

ダイニングの近くのスタディコーナー

 

少し前に「頭のよい子が育つ家」という本が話題になったことがあります。

 

研究者が関東の有名私立中学に合格した家庭を訪問して、その家の間取りと暮らし方を調査してまとめた本です。

 

私もその著者のセミナーを聞いたことがあり、興味を持ったので本も購入しました(今でも文庫本で売っているようです)。

 

本によると難関校に合格した子どもは、家族の気配がある中で勉強をしているケースが多いとのこと。

 

もちろんある程度関心を引くためにそうした事例を多く集めたとは思いますが、納得できることが多かったです。

 

小学生までは勉強や宿題を自分の部屋でするよりは、家族と会話しながら時には教えてもらいながらすることで、安心できると思います。

 

事例ではダイニングテーブルを広くして勉強スペースにしたり、中には子供部屋の中にお母さんの常駐できる家事スペースを設けたりしている例もありました。

 

当社でもお子さんが小さなお客様のお宅の設計ではそうしたいつも家族がいる中で勉強や宿題ができるスペースを提案することも多くあります。

 

そんな事例を2つ紹介します。

 

ダイニングテーブルの先に設けたスタディコーナー

 

ダイニングスペースを広くして設けたスタディコーナー

 

対面キッチンの前にあるダイニングスペースを少し広くして、窓際に奥行きのあるカウンターを設けてあります。

 

椅子が2脚は余裕で置けるので、お子さん2人で勉強したり、家族と並んで勉強したりできます。

 

対面キッチンからもよく見えるので、お子さんの様子を見ながら家事ができます。

 

このお宅ではウッドデッキのある芝生のお庭を設けてあり、勉強の合間にはウッドデッキに座って休憩もできますね。

 

ダイニングテーブルに平行に設けたスタディコーナー

 

チェアを反転するとスタディコーナーの椅子になる

 

窓側のダイニングチェアをくるっと反転させるとそこにあるスタディコーナーの椅子になる。

 

無駄のないスペース利用の例です。

 

このスタイルのスタディコーナーは対面キッチンの間取りでは比較的容易に設けることが出来るので多くの設計事例があります。

 

通常はカウンターを設けるだけのことが多いのですが、このお宅では両側に収納棚を設けています。

 

パソコンやプリンター、さらに書籍や資料などかなり充実した収納です。

 

こうなるとお子さん専用のスタディコーナーと言うより家族共有のスタディコーナーになります。

 

棚は横向きになっているので、多少乱雑に収納してもあまり目立たないのもポイントです。

 

他にも家事コーナー兼用のスタディコーナーなどいろいろな事例があります。

 

また別の機会にご紹介します。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

資料請求はこちら:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

4月20日(土)・21日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

ダイニングキッチン

ダイニングのテーブルの位置

昭和40年代からの住宅建設ラッシュの頃は、多摩ニュータウンやこの地域では高蔵寺ニュータウンなど2DKや3DKといったn+DK(nは部屋の数)型の住宅団地が主流でした。

食事はダイニングキッチン(DK)で、テレビを観たりする家族団欒は部屋で、そして就寝時は団欒の部屋も片付けて寝室の一つとして使われるスタイルが一般的でした。

平成に入っても、アパートなど小規模賃貸住宅ではnDKタイプの住宅がたくさん造られました。

注文住宅でも平成の時代になる前まではn+DKの間取りが多く造られました。

その後ライフスタイルの変化や家族間でも個人のプライバシーを重視する傾向になって、団欒の部屋と寝室は別に設けるようになっていきました。

そうして団欒のための空間としてリビングが生まれ、n+DKからn+LDKという間取りに変化していきました。

当初はリビングを独立して設けることもありましたが、現在ではLDKを一つの空間に収める間取りがほとんどです。

食事もテレビ鑑賞なども家族の団欒としてとらえればこうした空間構成の方がいいと思います。

しかしながら、団欒と食事というそれぞれの機能を分けて考えたいという方からは、広く開放的なLDKはいいのだけれど、リビング空間と何らかの区分けをしたいというご要望も出てきました。

そうして部屋は一体でありながら、部屋のレイアウトを工夫してDK+Lというゾーンを作るプランも生まれました。

ゾーンを分けると、例えば写真のようにリビングゾーンは吹抜けにして解放感いっぱいの空間にして、DKは天井高を抑えて落ち着いて過ごせる空間とすることもできます。

それぞれのご家庭のライフスタイルによって間取りは変化していきます。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

3月30日(土)・31日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。 

食事の配膳と後片付け

キッチンとダイニングテーブルの位置

昨日に続いて新築住宅や大規模リフォームでキッチンの打合せをする時のお話しです。

新しいキッチンを使う際に参考になるのが今使っているキッチンとダイニングテーブルの位置。

そして料理の配膳や後片付けの状況です。

それによってキッチンとダイニングテーブルのレイアウトを検討することにもなります。

一番多いタイプは対面キッチンということは市場調査データなども示しながらこのブログでも何度もご紹介しています。

このタイプは料理の配膳や後片づけをキッチンの向かいにあるテーブルまでするのに一人で行うと廻りこまないとできないということです。少し動線距離が必要なのと廻りこみための変化が必要になります。

もちろん配膳や後片付けを家族が手伝うとキッチンからの移動は少なくて済むので楽になります。

配膳ももちろんですが、特にダイニングテーブルの後片付けは一人では大変ですね。

我が家でもできるだけ、後片付けは食べた者が自分の食器をシンクまで持っていくことにしています。

対面キッチンはキッチン側から家族の様子が確認できるので人気のレイアウトですが、それぞれの家庭での料理の配膳と片付けの状況も考える必要があるという事です。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

1月26日(土)・27日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

ダイニング

ダイニングの天井や照明

リビングを吹き抜けにしたり、天井の高さを上げる設計をしたりすることはよくあります。

リビングダイニングと南に並んで一体になっている場合はダイニング部分もリビングと同様に吹き抜けや高天井の設えにしたりします。

一方、ダイニング空間がリビングの奥にある場合、天井は普通の高さに抑えているのが普通です。

ホテルのダイニングホールとは違って、住宅のダイニング空間は座って過ごすことが多いので、高い天井より落ち着く感じがします。

落ち着いた天井の高さでゆっくり落ち着いて食事をする、こうしたシーンが似合っています。

また料理をおいしくいただくには照明の存在も欠かせません。照明の色や照度なども重要な要素となります。

照明器具もいろいろあります。

住宅では家族の構成が変わることもあったり、また食事のシーンによって照らし方などを変えたりすることも考えられるでしょう。

そこで多いのが写真のようなレール式の照明。

天井にレールを付けるケースもありますが、ここでは一般の引っ掛けシーリング(照明を外すと天井に付いている器具です)でも対応できるタイプのレール式の照明です。

新築だけでなく既存のお宅でも対応でき、家族構成が変わることに伴うテーブルの変更や、模様替えに伴うテーブルの向きの変更などにも対応できます。

家族が集う食事のシーンを天井高さや照明などでも考えていきます。

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号は 0568-23-9121

大清建設公式インスタグラム https://www.instagram.com/daisei_outi/

1月26日(土)・27日(日)は設計相談会です。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ