愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

06 July

2階からの眺め

 

2階から1階を眺める

 

斜めの角度から1階を眺めると全体が見渡せます。

 

我が家にはないのですが、吹抜けのあるお宅ではそれがあることによって縦方向の解放感がプラスされて拡がりを感じる空間になります。

 

施工事例でも専ら1階からの見上げの写真が多く、そうした解放感をより強調したアングルも見られます。

 

1階からの写真に比べて少ないのですが、2階からの眺めもいいものです。

 

斜めからのアングルでは1階の奥まで見渡せて下からのアングル同様に広がりを感じる事ができます。

 

また真下のアングルでは、下にいる人の様子がよくわかったり、上下の人同士のコミュニケーションも容易にできたりします。

 

2階から真下のダイニングを眺める。家族の様子がよくわかります。

 

洗濯物を干すために2階に上がった親がお子さんの様子を目で、あるいは吹抜けを通じて聞こえる声で確認も出来て安心です。

 

また吹抜けのない我が家では2階にいる人を呼ぶためには「ごはんだよー!!!」などと大声を上げないと届きませんが、吹抜けがあるとその声も「数トーン」小さくできますね。

 

2階からの吹抜けの様子を見るといろいろな生活シーンが想像できますね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

05 July

できること

 

キッチンのカウンターでできること

 

昨日あるメーカーさんからキッチンの新商品の内覧会の案内をいただきました。

 

毎年春から夏にかけていろいろなメーカーの新商品が発表されて、こうした案内も多くいただきます。

 

住宅の設備の機能は生活者のライフスタイルで決まるので、それが劇的に変わらないと(例えば日本人がお風呂に入らなくなってシャワーだけの生活になるとか・・・今のところあり得ませんけれど・・・)設備のスタイルは大きくは変わっていきません。

 

キッチンも配置上の違いはありますが、その基本機能は変わっていません。

 

全ての人が「ウーバーイーツ」みたいなケータリングサービスを利用する世の中になるとは思いませんよね?

 

基本機能は変わらないキッチンでも付加機能で進化やメーカーごとの特徴があって、そうした発表も毎年あります。

 

最近はキッチンの奥行きがたっぷりあるカウンターが多くなってきました。

 

奥行きのあるカウンターの前にはハイチェアが必要です。

 

調理方法の幅が拡がったり、調理する人数が複数でも対応できたり便利な奥行きです。

 

また、ハイチェアを置くとバーカウンターみたいに軽食やちょっと一杯ということも出来るようになります。

 

でもカウンターの高さがダイニングテーブルより15センチから20センチくらい高くなるので、小さなお子さんには不向きかも知れません(ハイチェアも危ないですよね?)。

 

小さなお子さん対応にするにはキッチンのカウンターから下げた高さで別のカウンターを設ける方がいいですね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

04 July

ロフト

 

ロフトに書斎を希望

 

子ども部屋以外にロフトを設ける例も増えてきました。

 

現在計画中の複数のお宅で「ご主人の書斎が欲しい」というご要望があります。

 

少し前まではロフトを子ども部屋に付けて「ワクワク空間」とする事例も多くありました。

 

子ども部屋に付ける以外の事例もなかったわけではありませんが、ここのところ少し増えてきた感じです(写真は以前お引渡しした事例の一つです)。

 

例えば景色を楽しむために家族みんなが利用できるロフト空間(あるお宅では「名古屋城」がバッチリ見える位置にロフトを設けました)。

 

ご主人の趣味の部屋として使うために、主寝室から「秘密のドア」を開けてアクセルするロフト。

 

ユニークな使い方も多くあります。

 

タイトルにあるように書斎としてロフトを使うという案は、

 

「書斎は欲しいが普通に部屋として設けると他の部屋のスペースがその分狭くなる」

 

といったお悩みを解決する一つの方法として生まれました。

 

一層あるいは半層上がっているところにあるロフトの書斎。

 

天井は低いのですが、他の部屋にない「面白さ」があります。

 

できあがりが楽しみなロフト書斎です。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

03 July

子ども部屋

 

お子さんの要望を反映

 

屋根裏風の子ども部屋

 

「屋根裏風の子ども部屋がいい」。

 

といったお子さんの要望が聞けることがあります。

 

家づくりをお客さまと進めている中で、お子さんが乳幼児ではなくある程度の年齢になっているご家庭では、お子さんのご要望もお聞きします。

 

木の小窓が付いた子ども部屋

 

「部屋にかわいい木の小窓がほしい」。

 

こんな要望もあります。

 

このように空間のイメージや仕様や色などいろいろなことを聞くことができます。

 

兄弟姉妹がいる場合ではそれぞれの個性が要望にも表れて、それが実際に反映されていて比べてみるととても興味深いです。

 

自分で選んだデザインや仕様のために住んでからもとても思い入れがあるので、大切に使ったり、工夫してアイテムを選んだりして入居時から進化させているお宅も多いです。

 

そんなことをお聞きするととても嬉しくなります。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

02 July

月が見える

 

吹抜けの上部窓から月見

 

吹抜けの上部の窓から月を眺めるなんて贅沢ですね。

 

「この前吹抜けの上の窓から月が見えました」。

 

あまりに綺麗だったので思わずお友達の皆さんにLINEを送ったそうです。

 

リビングで寛いでいる時に窓に月が顔をのぞかせる。

 

なんてうらやましい!!

 

月の角度や天気などの条件が揃わないと見られないのですが、設計したものとしてほのぼのとしたお話しに嬉しくなりました(見える位置を狙ったわけではありません・・・)。

 

この吹抜けは夜だけでなく日中も光が降り注ぐ心地いい空間です。

 

そこでお客様には新たな構想が芽生えてきているそうです。

 

光を利用したもの。

 

それは・・・。

 

ステンドグラスを吹抜けのFIX窓に貼り付けること。

 

現在いろいろ検討しているとの事。

 

先日このブログでも書きましたソーラーサーキットの会報誌に登場したいただいた関係で、会報誌を何冊かと写真のデータをお届けした時にうかがったお話です。

 

お住まいになってから1年近く。

 

まだまだこのお宅は進化しそうです。

 

またお邪魔する時にはどんなお話しを聞けるのか。

 

何だか今からワクワクしますね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ