愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

中和室

 

和室の位置を奥に

 

最近は独立した和室をプランニングする機会が少なくなりました。

 

それでも独立した和室は客間としての機能や法事や仏事などができるので少数派ですが、郊外のいわゆる「本家」の住宅では必要な部屋です。

 

こうした場合を除いてほとんどがリビングに接して和室を設ける間取りになります。

 

その和室の位置は外部に面したところに配置するケースとリビングやダイニングの奥に配置するケースがあります。

 

リビングの奥に和室を設けたいわゆる「中和室」タイプの部屋

 

写真もそのケース。

 

マンションにもよく見られる間取りの形式で「中和室」タイプと言われるものです。

 

マンションは一住戸あたりの間口が限られるので、リビングダイニングの採光をたくさん取ろうとすると和室を中に配置したほうが合理的です。

 

戸建て住宅の場合も敷地の形状によって「中和室」にしたほうがおさまりがいい場合もあります。

 

また写真のように和室とリビングの壁を少なくしたり建具を引き込んで開放的にしたりすることで、和室を含めたリビング周りがとても広く感じられます。

 

来客時には引戸を閉めて独立した部屋にも使えます。

 

戸建ての「中和室」もなかなか合理的なのです。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ