愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

ブロック塀

 

ブロック塀の安全性のチェック

 

先日行った耐震診断の報告を市役所に行った時に耐震診断&耐震改修のパンフレットと共に置いてあったパンフレットもいただいてきました。

 

ブロック塀の安全性をセルフチェックできるパンフレット

 

耐震診断と耐震改修についてまとめたパンフレットと同じく(一社)日本建築防災協会がまとめたものです。

 

昨年大阪府北部を震源とする地震でブロック塀の倒壊による犠牲者がでたことは記憶に新しいことです。

 

過去にも地震によるブロック塀の倒壊の被害はたくさん報告されています。

 

行政でも公共施設のブロック塀の点検を行ったり、ブロック塀のあるお宅への注意喚起を行ったりしています。

 

専門家はブロック塀の安全性についてはわかるのですが、一般の方は自分の家のブロック塀の安全性まで把握できるかというとなかなか難易度が高くなります。

 

専門家に相談すればよいのですが、まずは自身でチェックするために分かりやすく解説してあります。

 

ブロック塀の維持管理の大切さと安全性のチェックについていくつかのチェック項目を設けています。

 

ブロック塀のセルフチェック

 

最初に高さのチェック。

 

高さが基準以上だと安全性に問題があるので適合しているかを調べます。

 

以降の高さや控え壁の有無などの項目をセルフチェックしていくと自宅のブロック塀の安全性が把握できるということです。

 

セルフチェックの各項目

 

少しでも不安な項目があれば専門家に相談して判断を仰ぐこともできます。

 

漠然とした不安よりもこうしたセルフチェックによって不安項目を事前に分かると相談もしやすくなります。

 

相談して何らかの対策が必要となれば費用がかかりますが、行政によっては費用に一部を補助する制度を設けているところもあると聞いています。

 

大阪の地震の後は私の所にも何件か相談がありました。

 

地震はいつ起こるか予測がつかないので、今一度こうしたブロック塀について関心を寄せてもいいと思いました。

 

このパンフレットは行政の窓口に置いてありますので、ご興味があれば手に取ってご覧ください。

 

私も一部だけ持っているのでお見せすることができます。また相談も承ります。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ