愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

ピアノ置き場

 

ピアノの置き場はどこ

 

1階のダイニングの横にピアノを置いて家族とともに楽しむ。

 

間取りの検討をする時にピアノ置き場を設けることがあります。

 

時にはグランドピアノを置くケースもありますが、多くはアップライトピアノで検討します。

 

子どもの頃習っていた時の物を置く場合やお子さんに習わせるために購入した、あるいは購入予定といった場合もあります。

 

我が家でも奥さんが子どもの頃習っていたので、実家に置いてあったものを持ってきました。

 

そうしたケースも多いようで、実家から「家を建てたなら持っていきなさい」と言われるようです。

 

我が家ではその後娘もピアノを習う機会があって、ピアノは調律しながら引き続き使われました。

 

そうした場合はいつも弾けるような場所を設定します。リビングやダイニングまわりが多く、置くための床補強も行います。

 

またピアノはあるけれどもう弾く機会はあまりないというケースもあります。

 

ピアノはアップライトでもそれなりのスペースが必要なので、使われる場合は普段使う空間に置くのですが、そうではない場合には置き場を考えます。

 

せっかくのピアノなので、使わないからと言って収納に入れておくにはもったいない。

 

2階のホールに雰囲気のいいピアノコーナーを設けました。

 

そこで写真のお宅では比較的余裕があった2階のホールに置くことにしました。

 

ピアノの雰囲気に合わせて壁紙の選定やもともとあった照明もここに取り付けました。

 

普段使いしないピアノですが、雰囲気の良いコーナーになっていますね。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

施工事例は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ