愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

一部屋追加する

 

一部屋をプラスして設ける

 

将来的に子ども部屋に早変わりできるプラスワンの部屋

 

お子さんの数に合わせて一部屋あるいは複数の子ども部屋を設けてそれぞれクローゼットとドアを設けるプランニングは一般的です。

 

お子さんの年齢がある程度高い場合はそのようにまとめますが、小さなお子さんがいる家庭ではさらなる検討をすることもあります。

 

このブログでも時々紹介していますが、小さいうちは仕切った部屋ではなく、2つの部屋に仕切りを設けなくて広く使うこともその一つです。

 

この場合クローゼットをそれぞれ設けてあるのでもし将来的に仕切る必要がある時も簡単に間仕切ることができます。

 

また将来的に今よりお子さんの数が増えることも考えられます。

 

現在のお子さんの数だけ部屋を設けてもお子さんが増えたら部屋が足りなくなる。

 

でももしかしたら増えないかも知れない。

 

こうしたケースにも設計で工夫することができます。

 

例えば写真のお宅。現在のお子さんの数にプラス一部屋を設けました。

 

ドアはないのですが、クローゼットは設けてあります。普段は家族で使ういわゆるファミリールームとして使用できます。今は専らお子さんのプレイルームになっていますね。

 

将来的にお子さんが増えればドアを付けるだけで子ども部屋が一つ出来上がります。

 

もし増えなくても収納もあり家族で使える部屋やお客様の宿泊にも対応できます。

 

もちろん一部屋設けると住宅の面積は増えますが、使い勝手のいい部屋があることでいろいろな可能性も見出せます。

 

住宅をつくる際には現状だけでなく将来も考えることが必要ですが、その一つの例としてご紹介しました。

 

北名古屋市で注文住宅は創業70年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

資料請求は:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ