愛知県名古屋市で外断熱・外張り断熱の家の注文住宅を建てる!長期優良住宅(ソーラーサーキットの家) 愛知県北名古屋市 大清建設株式会社

お問い合わせ 0568-23-9121

愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

隙間

 

隙間の収納も便利

 

階段下に引出しを付けて小物の収納に。

 

生活をしているといろいろな物が知らないうちに増えています。

 

気が付くと小物などが「びっくり!」するくらいに部屋にあふれることもあります。

 

そんな自分の家の状況を思いながら住宅雑誌をみると実際にお住まいになっている事例の片付いていることといったら・・・。

 

雑誌の撮影にはすこしカラクリがあって、カメラアングルに入るものは家具や調度品を調整しているのです。

 

とは言っても実際に収納スペースが少ないとやっぱり小物であふれることになりますよね?

 

そこで隙間やちょっとしたスペースを活かした小物収納が役に立ちます。

 

階段のステップに設けたり、小上がりの和室の下に設けたりするのがそれです。

 

小上がりの部屋の下にも引出し式の収納を設けました。

 

小物収納としても便利ですし、急な来客で「ササッ」と片付けるのも楽ちんです。

 

お住まいになってからこうした収納の中を見せてもらう機会はなかなかないのですが、先日紹介したソーラーサーキットの会報誌に登場したお宅で取材のために見せてもらいました。

 

上手に収納されている様子にご提案してよかったと思いました。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」。

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

アイストップ

 

玄関の壁を飾る

 

玄関とシューズクロークの境の壁にアクセントを設けました。

 

玄関にシューズクロークを設ける事例が多くなってきました。

 

住まい手の世代によって収納する物やボリュームも異なっています。

 

小さなお子さんがいるお宅では、ベビーカーやお庭遊びの道具などお子さん中心の物を収納するケースが多いです。

 

またお子さんが成長すると家族の趣味の道具を入れる場所になります。例えばガーデニング用品、あるいはスキーやスノボなどの収納。

 

家族が増えてそれぞれが成人になったりすると、TPOに合わせたそれぞれの靴が増えていきます。

 

いわゆる本来の「シューズクローク」として使われます。

 

写真もお宅もそうしたたくさんの靴や買い置きした日用品を収納するためにシューズクロークを設けました。

 

この家は昨日紹介した冊子「そらさき」に登場していただいたお宅です。

 

建替えのお宅ですが、以前のお宅では玄関が暗く、朝の靴選びの際にも照明を点けなければいけないという家でした。

 

そこで間取りや窓の位置を考慮して明るい玄関とシューズクロークにすることができました。

 

明るくなった玄関にアクセントを設ける提案をして、奥様手作りのステンドグラスをはめることになりました。

 

明るい玄関に素敵なアクセントになりました。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

そらさき

 

会報誌に住宅の紹介

 

ソーラーサーキットの会報誌「そらさき」

 

季節毎に発行されるソーラーサーキットの会報誌。

 

毎号いろいろな話題があり気軽に読める冊子です。

 

ソーラーサーキットの家にお住いの方や、季節感のある料理のレシピ(今回は夏らしいさっぱりした料理です)が紹介されています。

 

また健康にかかわることなど読みやすくまとめてあります。

 

今回発行された号には、当社のお客様のお宅が紹介されています。

 

当社のホームページの施工事例の取材に続き2度目の取材依頼でした・・・ご協力感謝しております・・・。

 

何度もお邪魔していますが、家具や調度品にも気を遣われていて素敵に暮らされています。

 

取材の際にも設計段階や建築途中のお話しなども交えて楽しく過ごさせていただきました。

 

そんな素敵なお宅が紹介されている会報誌「そらさき」夏号。

 

今回の号はたくさん入手しておりますので、ご希望のみなさんにもお渡しできます。

 

ショールーム来場の際にはお渡ししますので、お気軽に申し付けください。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

地震に備える

 

耐震の診断の必要性

 

地震に備えるためのガイドブック

 

写真は数日前に紹介した耐震診断と改修のパンフレットの一部です。

 

今回は地震と耐震診断の話題です。

 

少し前に新潟・山形方面で大きな地震がありました。

 

新潟県の村上市では震度6強とこの地震での最大の震度を観測しました。

 

その数日後に当社に地元の市の建築行政に関わる担当者が別件の打合せにやってきて、この話題になりました。

 

市では春から今年度の耐震診断の受付を始めています。

 

10年以上前から行われている事業で、すでに関心のある方は早くから診断を受けているという事もあって年々申込の数が減っているようです。

 

それでも大きな地震のあった時には、翌日から申込件数が増えるといった傾向もありました。

 

しかしながら今回の地震の後では診断の申し込みはゼロだったそうです。

 

理由としては先に上げた既に関心の高い人は診断を済ましているということ。

 

もう一つは幸いにも瓦屋根の崩落やブロック塀など一部の倒壊に留まり、建物倒壊といった大きな被害にならなかったこともあるのではないでしょうか。

 

会社のある北名古屋市では南海トラフ大地震での震度は最大で6強を予想しています。

 

つまり今回の村上市の震度と同じという事です。

 

しかしながら今後起こるであろう南海トラフ大地震での被害の状況は果たして同じでしょうか?

 

地盤の状況や建物の密集度合、そして住宅そのものの性能によって同じ震度でも被害の程度は異なってきます。

 

今回の地震の被害がそれほど大きくなかったので同じ想定震度だからといって安心はできないということです。

 

今一度しっかり耐震について、ご自宅の耐震性能について、地域の状況について考える機会としてもいいのではないでしょうか。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

玄関の表情

 

玄関の戸の表情

 

玄関の戸によって家の雰囲気が変わります。

 

外観や玄関ポーチといった外部からの印象ももちろんですが、玄関内部の印象も変わります。

 

玄関の戸は引戸と開き戸に分かれます。

 

組子格子の引違いの玄関戸

 

最近では洋風の引戸があるものの、専ら引戸は和風の印象があって縦格子や横格子そして写真のような組子の引戸がその意匠の主流です。

 

格子のデザインや光の入り方が和の雰囲気を感じますね。

 

内観だけでなく、外観のデザインや外構に至るまで和の雰囲気を「それなりに」感じるようにしました。

 

「それなりに」というのは純和風の建物ではないという意味からです。

 

変わってドアのデザイン。

 

無垢の内装に合わせてデザインされた玄関ドア

 

内部の無垢材に合わせるように設置された開き戸の玄関ドア。

 

スリットからの光の入り方が印象的です。

 

木の風合いから和のイメージもわきそうですが、やはりドアなので和は感じられませんね。

 

開閉方法やデザインといったちょっとした違いで、和風に感じたりそうでなかったりとするということです。

 

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ

会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

 

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

 

6月29日(土)・30日(日)は設計相談会です。

 

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

 

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC

https://www.facebook.com/tokaifootballclub/

大清建設も応援しています。

施工事例

ページトップ